« 充電器を買う | トップページ | 軽いのはテープ?HDD? »

2006年7月21日 (金)

デジタルインターメディエイト

映画にとって色彩設計とカラートーン統一が重要なのは、昔も今も変わらないが、デジタルワークフローにおけるカラーグレーディングの実際を見る機会は少ない。

行ってきましたデジタルインターメディエイトセミナー

イマジカが入れたDiscreet Lustreの実演デモを見ることが出来たのは非常に収穫。
ワタシの実体験は、URSA Goldとda vinciにおけるタイミング(と呼ばれる工程)で止まってるんだが、今回、Lustreをオペレートした齋藤氏は、タイミング出身らしい。うむうむ。

10bit logによるインターメディエイトワークフロー
ううむ、ここまで来てるんだなあ、と実感。

しかし、イマジカのLustreの部屋は、Hokusaiというそうな。
十数年前、フレームの部屋が出来たときは、フラミンゴと名つけてたよね。あの会社。。。

|

« 充電器を買う | トップページ | 軽いのはテープ?HDD? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映像編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタルインターメディエイト:

« 充電器を買う | トップページ | 軽いのはテープ?HDD? »