« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

Kiss Digital X の写真レビュー?

デジタルARENAに、
【速報写真レビュー】キヤノン「EOS Kiss Digital X」
というタイトルのレビュー記事がある。

このタイトルと

初代「EOS Kiss Digital」からの買い換え&買い増しを検討しているユーザーが多いと思われるので、今回は両機種を比較してみることにした。また、EOS Kiss Digital Xのちょうど1週間前に発売になるニコンの有効1020万画素モデル「D80」とも比較している

というリード文読んだら、誰だってそれぞれのカメラで撮った実写比較だと思うよね?ね?

ところがぎっちょん(古いな、ワタシ)
このレビュー、それぞれのカメラを並べて撮影して外観比較するという内容なのだ。

Kissx

ええええ!と思ったのはワタシだけではあるまい。
そりゃ、デザインの違いやサイズの違いも関心あるところには違いないけど(にしてはサイズの違いが分かりにくい写真だし)、比較すべきはそれぞれがどーいう画を出すかってことでしょ〜?

お願いしますよ、日経さん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

ハイビジョン編集まるごとガイドBOOK

Img_0895

玄光社から明日発売のハイビジョン編集まるごとガイドBOOK
(写真は見本誌)

がんばってたくさん書いています。
というかMacintoshベースのページは、マイミク氏である松原さんと2人でぜんぶ書きました(笑)
いくつかの検証は連携して行っています。

よろしければ是非店頭で。

Img_0896

入門書的なMook本なので、詳しい方には物足りないかもしれませんが、マトロックス MXO(ワタシ)や、 KONA LHe、DeckLink HD Extreme(松原さん)も紹介されています。

そうそう、いつもは作例(スクリーンショット)は、自分の娘達が大活躍なのですが、今回は編集部提供のテープ。
え〜、うちの娘は?って最初思ったのですが(笑)、ライターの違うすべての編集ソフトのページが同じ素材(使いどころは個々に違いますが)なのは、編集ソフトのインターフェイスデザインの善し悪しや、ライターの美意識の違いが垣間見えて面白いデス。

ちなみにBootCampでプレミアってページもワタシですが、入稿はWWDC前でBootCamp1.0での記述になってますので、微妙な部分はスルーお願いいたします・・。

ハイビジョン編集まるごとガイドBOOK ハイビジョン編集まるごとガイドBOOK

販売元:玄光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シグマの新型一眼レフ

シグマの新型一眼レフ SD-14 のティーザーサイトが始まった。

Sigma

まったく、パナといい、ニコンといい、カメラメーカー(パナはカメラメーカーとは言い難いが、非常にコンサバな憧れをカメラに持ってるのがよくわかる)は、時代遅れ感のあるティーザー広告が好きなんだろう?

それはさておき、SD-14である。
世界初、(中略)ダイレクトセンサーって、Foveonだよね?
新デバイスってイミじゃないよね?

そっか、もうフォトキナまで1ヶ月切ったのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

ミニミニ三脚

PLUS YUの夏祭りじゃんけん大会で頂いたモノレビュー1

Img_0884_1

CASIO EXILMの販促品(?)らしきストラップと手のひらサイズのミニミニ三脚。
ミニミニ三脚にもEXILMのロゴ付き。え〜、EXILMなんてもって・・・・

Img_0888

持ってました(笑) EXILIM PRO EX-P505
あつらえたようにぴったりだが
ワタシのP505デフォルトのワイコンつけるとちょっとフロントヘビーで安定感が悪くなる。

Img_0893

EXILIM PRO EX-P505は高感度域の画質はいまひとつ「・・・・」なものの、レンズ前1センチまで寄れるマクロ機能にワイコンを組み合わせ、
食玩写真には欠かせないツールとなっている。
(というか食玩専用機かも)

Cimg1493

こんな感じが簡単に。

ありがとうございました > PLUS YUの夏祭り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDW-D1800

Main

SONYがHDCAMスタジオレコーダー新機種を発表していた

330万と400万(税別)と、HDCAMデッキにしては安価で、普及のテコ入れにしたいという意欲は感じられる。

i.LINK (HDV)によりHDV出力機器とダイレクトに接続し、
HDV素材のHDCAMへのダビングに対応可能


は、スタジオでのHDVハンドリングが楽になりそうで良いことだけど、基本的に直結が前提になっているi.LINK(あやしげな?セレクタは出てるけどさ)で、双方ともリアにi.LINK端子って機材がスムーズに運用されるかというと「?」。
しかもオプションのi.LINKボード、23万もするし。

それならHDVデッキに、SDIをオプション搭載するほうが、遙かにスタジオでの取り回しは楽だと思うんだけどなあ。
(パッチ盤にあげられるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

miniDVの85分テープ

Dvm85hd
miniDVテープといえば、従来SPモードで80分が最長だったが、
ソニーから85分のロングテープが登場したらしい。

80分テープもそうだけど、長時間テープってベースフィルムが薄くなるため信頼性に不安があるので使わないのだが、ソニーの製品ページによれば

ベースフィルムが薄くなっても高信頼性はそのまま

だそうで。

そもそも、このソニー民生用DVテープHDシリーズは、HDV最適を謳う最上位シリーズなので、そうそう下手なことはしてこないだろうし。(いや、やるかな、ソニーだし)

でも、これ、蒸着テープなのね。
パナが蒸着蒸着と言っていたころ、ソニーは塗布型で引っ張っていたのが嘘のよう(笑)
よほどHDVの一時静止画トラブルが堪えたようだ。

で、このHDシリーズ、60分ではなく63分テープがラインナップになっている(下位シリーズは60分)。なんとなく他社を調べてみると

Dvm_hd

SONY、TDK、ビクターが63分テープ発売済み
マクセルは9月発売
パナソニック、フジフィルムは現状リリースなし

あれ?マクセル、ビクターはパナのOEMじゃなかったの?
いつの間にかそういう関係も変わっているのかなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロジクールMX Revolution

ワタシは、マウスはマイクロソフト製しか使わないMacユーザーなんだけど・・・
いかん、写真見て、非常に物欲刺激されまくりマウスがコレ

13450

9月発売の ロジクールMX Revolution

13449

秋葉原にいけば、980円くらいでマウスが買える時代に
12,800円!(ヨドバシの予約価格:ポイントは20%)の恐ろしく高価なマウス。
Bluetoothでもないし(2.4Gだけど)。

デュアルホイールって、EOSのサブ電子ダイヤルみたいで良さそうじゃんとか、もう2年もマウス買ってないしとか、無理矢理に買う理由を捜してる自分がイヤだ(笑)。

実際にはでかいし重い。
バッテリー(受電式)含むマウス本体は147gらしい。
しっぽなしMightyMouseは約130gだが、電池1本で駆動する時は約108gだ。
マウスでこの差は意外と大きい。
でもMightyMouseじゃShake辛いし(いや、ちゃんと使えますが)、いま使っているWireless Intellimouse Explorerは電池込みで約146gだから問題はないんじゃないかな・・・

あ〜いかん、買う必要はないのに、すっかり買う気になっている・・・落ち着け > オレ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

AVCHDの編集

旅行中にビデオサロン9月号が届いていた。
AVCHDに関しても数ページに渡り記事があるが、編集に関する情報は無いに等しい。(まあ、撮影機としての速報だけに仕方ないか)

どこかに情報無いかなあと捜したら、AV Watchに、
ソニー、VAIOバンドルのPremiereがAVCHD編集に対応なる記事があった

AVCHD編集においてもスマートレンダリングに対応しているが、無編集部分のつなぎ目など必要最低限のレンダリング範囲は、HDVやMPEGのスマートレンダリング時と比べ長くなる

これは予想の範囲内なのだが

AVCHDのスマートレンダリングの場合、少なくとも約10秒以上の無編集部分が必要。


って・・・?

これ、もしかして
1カット10秒以下の編集だとフルレンダリング
ってこと?
これがAVCHDの規格によるものならば、AVCHDを推す訳にはいかないなあ・・・。
今後の情報に注意しよう・・・。

ちなみに、届いたビデオサロン9月号では、Matrox MXOのテストレポート書いています。
興味のある方はよろしくお願いいたします。

9483


ちなみにMXOの国内発売は9月下旬にずれ込むよう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

KissがX

Canon102s

旅行から日本に帰ってきたら、キヤノンのEOS Kiss Digital Nが、フルモデルチェンジして、EOS Kiss Digital Xになっていた。

キス ペケではないだろうから、キス エックスだと思っていたら、

初代の「EOS Kiss」から数えて10代目となる、今回の"EOS Kiss Digital X"(プレスリリース)


と書いてあるので、もしかしたらキス テンと呼ぶのか??

ソニーのアルファやニコンのD80を意識してか、1000万画素になったのは正直どっちでもいいやと思うのだが、ようやく着手したゴミ対策は
EOSインテグレイテッドクリーニングシステムなる仰々しい名前のトータルシステムで、本気度が窺えて面白い。

以降のEOSは、これ(もしくは改良型)が標準装備になるのだろう。30Dは発売間もないので、次はEOS5Dのモデルチェンジ? (もっとも30Dのテコ入れは急務に思うが)

この1.2.3.システムの殿軍を構成する「ダストデリート機能」の

ゴミの位置をCMOSセンサーで検出し、ダストデリートデータとして取得・保存します。このデータが付加された画像(キヤノンHP)


記述を見る限り、ゴミ位置情報は画像データに重層されるのかな?
このゴミ情報データが公開されない(DPPでしか使えない)場合、ApertureでRAW現像というワークフローは難しくなるなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

TUMI 26114 レビュー 3

Tumi_logo_2 TUMI 26114 レビュー 1 の続きです

 レビュー 3(いったん完結)

レビュー2で比較した26003は、Generation 4
26114は、Generation 4.4になります。
TUMIは始終マイナーチェンジを行うらしく、同じ型番でも微妙に仕様が違うらしいのですが(生産工場によって異なるという説もあり)、Generationではもっとはっきりと仕様が変更されます。

細かな(でも気になる)部分を比較。

13

ショルダー金具の変更。
もともとGeneration3から4の時に、強度不足が指摘されていた(らしい)金具が変更になっているが、4→4.4でもさらに変更。

14

フックが一般的な中に折れる形状から、独特のスライド型になっている。外しにくくなってしまったが、妙な力がかかったときに外れたり、服の咬み込み、といった事は無くなった。

Generation4の頃からだが、受け金具(リング)の内側に樹脂パーツが組み込まれていて、金属摩耗による劣化を防ぐ構造。
重いバッグをショルダー使用してるヒトは、金具がそこだけ細っていく(ゆくゆく折れる)経験があるはず。

15

ジッパーも肉厚なものに変更。微妙に大きくなっている。

16_1

ショルダーストラップの肩パッドも変更。
違い(効果)はよく分からなかった。
ストラップ幅がやや広くなっているのが分かる。

17

ストラップ金具も変更されている。
余談だが、このストラップ、900kgの荷重に耐えるとか。
MILスペックというヤツですね。
こーいうオーバースペックに弱いワタシ(笑)

追記:TUMI 26114 リミテッドエディションが発表

関連レビュー TUMI 26003レビュー

他のTUMI製品レビューは、右側のTUMIカテゴリーから御覧頂けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

フィルムスキャナ Nikon LS2000

ちょっと思うところあって、昔、撮影したポジやモノクロネガをスキャンしようと思った。

もう長い間、電源を入れていないワタシのフィルムスキャナは
当時の高級機 Nikon LS2000 だ。

461411_3041571866

461411_3502057460

12bit出力、ImageFixと、当時ずいぶん活躍した。
・・・が、OS X ドライバは出なかった。。

461411_702634588

さらにSCSIだし。。。

461411_3465980754

もちろん、OS9で動くSCSI付きのG4/500DPも、
納戸に保管してあるけど、常時稼働させる場所もディスプレイもない。。

先日、高画質フィルムスキャンを謳うフラットベットスキャナを試す機会があったが、LS2000よりダメだった。。。

ん〜、だからといって、いまさら5000ED買うなんて出来ないし、V ED でも6万円ですか。。。。
あ〜、ミノルタのフィルムスキャナは店頭から消えてるし。。

少量ならプロラボに出すし、まだ銀塩で撮影をし続けるなら5000とか買うんだろうが、困ったなあ。

SCSI変換器を物色中・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

プロアモヘッド

仕事先の某大学で、講義室に置かれていた松下 NV-F600
AVバブル期の産物だ。懐かしくて思わず撮った(^_^.)

210168_355439343

個人的には、この1世代前のNV-FS70には思い出たっぷり
(当時勤務してた会社で買って使い倒した)なのだが、
F600もなかなか。
ただの(?)Hi-Fi VHSなのに、ジョグシャトルにシーリングパネルだ。メカデッキもFS70同系のはずなのでかなりまとも。

210168_3513242353

当時、一世を風靡した「積層アモルファスプロヘッド
通称プロアモヘッド
普及機にですよ、ダンナ。

210168_3341924042

シーリングパネルを開くと連動してジョグシャトルが斜めに持ち上がる!
このサンダーバード並のギミックに感動する。(え?しない?)

210168_308834506

当時は普及機にすらヘッドホン端子がある。
いまはHDDレコーダーの最上位機種でもついてない・・・。

以上、懐かしメカシリーズ日記でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

HDV編集をノートパソコンで?

ツクモがキャプチャ王国オリジナル HDVノート編集セット発売

N170
HDV編集をノートパソコンで!と謳ってるのに、

※電源にはAC100Vが必要です。と注意書き。

う〜ん、モバイル編集というよりは省スペースと可搬性のための
ノートパソコンなんだなあ
確かに実際にはACの確保できない場所でノートによる編集は
あまりやりたくないけど、だからといってそれが必須のシステムってどうよ、とか思ってしまうワタシ。

ちなみに 写真のHVR-M15Jは別売です とキャプション入れるくらいなら
写真のHVR-M15Jを消せよ、と思うんだが・・
(もともとパスで背景消してるのに・・)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

旅行用機材

明日からバリ島へ

遊びに行くのだから機材は最小限にしたいものの、一方で作例用のHDV素材を充実させたいということもあり。。。
結局ビデオカメラとデジタル一眼レフの2台体制に

Cimg1478

ビデオは、軽量モードのA1J(XLRユニットとガンマイクを外したもの)
カメラは、20Dに手振れ補正の標準ズーム10-22mmを追加

Tenba_007

去年はTENBAで行ったが、バッグ自体が2.5kgもあるので反省

Cimg1484

DONKEに突っ込んで行くことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月18日 (金)

TUMI 26114 レビュー 2

Tumi_logo_1  TUMI 26114 レビュー 1 の続きです

 

レビュー 2(3部作の予定です)

なんか前にも似たようなPCバッグ買ってなかったか?と言う方もいらっしゃるかと。
そう、知人から(安価で)譲ってもらった26003に付属するPCショルダーですよね。

09

左が今回購入したTUMI 26114 (Generation 4.4)  
右がTUMI 26003(Generation 4)  に付属するリムーバルPCケース
パッと見、似たように見えますが。。

10

並べてみるとずいぶん違うのが分かります。
右が26114。
26114は17inch対応だけに背も高いです。
でも・・・・。

11

左は26003の本体(ホイールバッグ)と26114
右が26003の本体(ホイールバッグ)とPCケース

12

こうして見ると、運用時のイメージはあまり変わりません。
26003本体の中に入るか入らないかって事が大きく違う部分くらい。その一方、26114自体の収納力もそこそこあるので、この組み合わせ(26003+26114)でのペイロードはかなりのもの。

ただし、この状態で両方、機内手荷物にというのが可能かどうかは定かではありません。

TUMI 26114 レビュー 3へ 続く

追記:TUMI 26114 リミテッドエディションが発表

他のTUMI製品レビューは、右側のTUMIカテゴリーから御覧頂けます。


個人輸入時、関税を含め34,800円かかってしまった26114(日本正規価格は48,300円)ですが、先月末頃から並行輸入品をネット通販会社が扱いはじめました。

--Ads-

ワタシが過去に使ったことのあるショップの中での最安値は

TUMI 26114(土日も即納)最新モデルコンパクト・ラージ・スクリーン・コンピューター・ブリーフ

アイウィル by イズミヤ の 32,300円(税込/送料別)4/8現在在庫なし

在庫のある中での最安値ショップは

【送料無料】GENERATION 4.4BriefsTUMI [トゥミ] 26114

ダイコーインターナショナル の 32,800円(税込/送料) でした。ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

美人系、ヘッドホン!

Pic01

愛読?サイトクマデジタルで知った

美人系、ヘッドホン誕生。

美人系というか、キュートというかはともかく
狙いは面白いよな〜
こーいう商品企画がELECOMからでるのか

パソコンショップなんかじゃなくて、繁華街の路面店で吊し販売してほしいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacPro専用メモリ

新型MacProは、本体は(ある意味)リーズナブルなのだが、メモリが667 MHzのDDR2になり、現状では非常に高価なものとなっている。

Inteldimm



Final Cut ProやMotionをハンドリングするのにミニマムだと私が判断している4GB(1Gx4)で、プラス138,600円。安心して使える8GB(1Gx8)だと315,000円と本体とほぼ同額。憧れの(?)16GB(2Gx8)ではなんと718,200円にもなる(AppleStore)

まあ、純正品が高価なのは昔からなので、サードパーティ製に期待したいところだが、今回、純正メモリには放熱版がついているらしく

ご注意:アップル製DDR2 FB-DIMM (Fully Buffered DIMM)には、サードパーティ製品よりも冷却性能に優れた独自のヒートシンクが採用されています。少ないエアフローでメモリを冷却できるため、Mac Proの内蔵ファンの回転数を低く抑えて使用時の騒音レベルを下げることが可能です。十分な性能のヒートシンクが装備されていないサードパーティ製DIMMを使用した場合には、メモリチップの冷却に内蔵ファンの回転数を上げる必要があるため、使用時の騒音レベルが高くなる場合があります

なる注意書きがあって悩ましい。サードパーティの参入は時間がかかるなあと思っていたら、秋葉館がやってくれました。MacPro対応メモリ。
聞いてみたら、放熱版も付いている!

2401024fb5300mi
ただ、写真でわかるようにアップル純正に較べ明らかに簡易型の放熱版。
高負荷駆動時にはファンの回転数増加を覚悟した方が良いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

DISK専用プリンター

CASIOからDISCタイトルプリンター  CW-K80がリリース。

57828340pjpeg
実はインクリボンに長いノウハウを持つカシオらしい製品で
スタンドアローンでもPC接続でも使え1万円を切る実売価格も
GOOD。

でも、ありがちなオチで、Mac非対応だ・・・_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

DVD+HDDカム

Woo1

日立から、DVDとHDDを両方積んだビデオカメラが出る。

ハイブリッドカム Wooo DZ-HS303 と言うらしい。

う〜ん、撮影機にデュアルメディアか。

確かにこれが積んでいるらしいHGSTのTravelstarは、2.5inchHDDで質量100g程度、なのでなんとかなる範囲のものなのかもしれない。
PCレスでDVDが作成できるというのは、やっぱりコンシューマーのニーズなんだろうなあ。
まあ、ワタシだってキャプチャーがかったるいと思うときはあるので(^_^;
ふっうのユーザーにとって簡単なパッケージ化ソリューションが重要なのはよく分かるが。

でもさ、それならHDDカムを可能な限り小型軽量化して、(昔ソニーが多用した)ドッキングステーションにDVDドライブを搭載、そこに載せる(接続する)ことで、充電とDVD化が簡単、みたいな製品の方が面白そうに思うんだが・・。

ちなみに、ハイブリッドカムなのね。
デュアルカムでも、ツインカムでもなく・・

この広告ビジュアル。。なんか前時代的に見えるのは気のせいですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

TUMI 26114 レビュー 1

Tumi_logo到着日記だけ書いてそのままだったら、「あのカバンはどーよ」と突っ込まれたので、ようやく書く。

01

 

TUMI 26114 (Generation 4.4)  

 

レビュー 1(3部作の予定です)

02

4つポケットの薄マチショルダー。
ポケットが多いのが好きというタイプ(ワタシだ)に
アピールする細かな収納区画多数。

03

コンパートメントは2層。片側が書類エリアで、
片側がクッション加工されたPCエリア。

04

昔のTUMIはPCを内部で吊る構造だったらしいが、
現在は省スペース型のクッション構造。

05

PowerBook G4(15inch)は余裕。

06_1

MacBookPro(17inch)が、ぴったりといった感じ。

07

内部の金属プレートがPC表面を削る危険がある気がする。。。
最悪の事態を想定して、プレート側にPC底面を向けて入れるよう注意しているが、現状、傷はついていない。

08

付属のメッシュ小物入れ。どうということはない。
が、PowerBook のACアダプタがぴったりなのは偶然?
長細いので、縦に突っ込むとスペース効率が良い感じ。

続く:TUMI  26114 レビュー 2


関連レビュー TUMI 26003レビュー

--Ads--
【送料無料】GENERATION 4.4BriefsTUMI [トゥミ] 26114

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FireWireポータブルHDD 購入

1ヶ月前、FireWireポータブルHDD故障で急遽買ったUSB2.0ポータブルHDDが、ダメだった事件は記憶に新しい(?)。
その後、そのUSB2.0HDDは両刀使いの知人に引き取られていった(感謝です)。その代金を元手にして買い直し。

Img_9986

秋葉館オリジナル(?)の
FireWire 400/800 HDD 100GB

Img_9988

FireWire400とFireWire800のデュアルインターフェイス
今回はPowerBook G4で無事バスパワーで動作
ほっと一安心

Img_9990

開けてみると基盤にこんな感じ。シンプルというかそっけないというか。

Img_9991

中身は(パッケージに明示されているものの)
HGSTのTravelstar 5K100だった。

Img_9992

基盤の裏側。
という訳で、ようやくPowerBook G4用のセカンドHDD復活。

新型Mac Proには前面にFireWire800ポートが付いたので
FW800機器の使い回しは今後楽になっていくはず・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

Logitec 耐衝撃ポータブルHDD

1ヶ月前の話だが、書いていなかったので。

翌日、出張にいくため必要なデータをポータブルHDDに入れようとしたら。。

580587_1094154246

認識しない・・・マシンを変え、ケーブルを変えてもダメ
げええ、2週間前の出張では問題なかったのに

いや、まあ、明日の現場で突然死されることを思えば良しとしよう。

しかし、明日どうする・・18GBもの素材データをDVD-Rで持って行くのもなあ、しかし、もう夕方なので秋葉原まで行けない・・・・・しまったなあ、昨日気づいていれば・・・仕方なくクルマで15分ほどのY電器に買いに行く。

MacユーザーとしてはブートディスクになるFireWireHDDが欲しいところだが、置いてない。
仕方なく、ある中では良さそうなこれを買う。

580587_3956913625

Logitecの耐衝撃ポータブルHDD LHD-PBD80U2BK

580587_2145820516

580587_1209216138

このサイズで衝撃に強いのは良いことだ
MILスペックを満たすというのも泣かせるじゃないか(笑)

580587_4083098829

ケースだけでなく、ストラップまで付属・・

が、大問題発生

デスクトップ(G5)じゃ問題ないのに、
PowerBook G4(1.67Ghz)のバスパワーでは動きません

うう、だめじゃん・・・・・

明日は現場のPower Mac G5に繋ぐんでいいけど、これじゃ使えん

試しに借りているMacBookPro 17inchでは動作した

・・・・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cumulus 7

Cumulus7
Cumulus 7が出る(出た)らしい。

Cumulus 6へのアップグレードしたのが2年以上前だ。
当時ミクシイにこんな風に書いている

Cumulusはシステムソフトが扱っていた頃から愛用(というか必須アプリ)していたのだが、なかなか不遇のソフトで取り扱い先が安定せず、毎回新規で購入していた気がする。

現行の5.5はクラシック環境ながらOS Xで使える、というためにヒューリンクスから購入、しかし・・OS Xでは遅いしPhotoshopとの連携は悪いし、で、ネイティブ版を待ちこがれること長く、ようやく6のリリースとなったが、なんとヒューリンクスではシングルユーザー版のアップグレードは扱わないとのこと。

さらに5.5までは設定のあったシングルユーザー版のアカデミックも無くなった。 Canto(J)のサイトにようやくアップグレード案内が出たので申し込むことにする。 待っただけの内容になっていることを期待したい。

でもさ〜、Cumulus は、組織的にファイルをマネージメントする方に当時から主軸を移していて、Cumulus 7にはもうシングルユーザーなんてものは存在しないんだよね・・・。
ワタシには縁のない世界に・・・・。

その後、個人にはこっちの方が良いかも、と並行使用して様子を見ていたiView Media Proだけど、これもその後、マイクロソフトのものになっちゃって、現状はMacintosh版もあるけど、ユニバーサル化を含め未来は混沌・・・。ちょっと全面移行できない。。。

個人レベルでの画像データベースってニーズ無いのかなあ。。

・合計数百GBクラスの画像を管理し
・その画像はリムーバルHDDにあるので、実データじゃなく
 プレビュー用データを生成してくれて
・PowerBook 等でカタログ(とプレビュー)だけ持ち運べ
・必要に応じて実データを呼び出すか、パスを指示してくれる

だけ(?)で良いんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

CinemaDisplayバージョンアップ?

先日、シネマディスプレイ値下げについて書いたが、一部サイトに同時にスペックアップがなされた云々と書いてあり、「?」と思っていた。
日本のサイトに特に変化は見られな・・・、あ。
USサイトではスペックが変更されている!

Dis2_1


   CinemaDisplay 23inch     (左は日本サイト、右がUSサイト)

輝度   270 → 400 cd/m2、コントラスト比  400:1 → 700:1

これは、表示解像度以外、23と30に差が無くなったってことで
非常に朗報なんだけど、日本のサイトはどうしてせっかくの機能向上を書かないかな。。。。?

あ、もしかして、まだ、旧スペック品が流通してる?

店頭在庫を買うときは要注意かも

それにしても、アップルのサイト、もうすっかり日本とUSでは同じデザインになったと思っていたけど、まだデザイン違いのページもあるんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ用液晶ディスプレイ?

AppleかNanaoくらいしか、チェックしていなかった液晶モニタだが
全く知らない(失礼)会社から、プロフェッショナル仕様という
液晶ディスプレイが出るらしい。

Clm20d1sb00m

PROMISSION CLM20D1SB

20.1inch 1600 pixel × 1200 pixel ( UXGA ) で
69,800円だが、先行予約価格は59,800円だという。

先日書いたCinemaDisplay20inchの新価格が84,800円だから、
ブランド力を考えれば激安というほどではないが
輝度   300 cd/m2、コントラスト比  1000:1、応答速度8ms
数字の上ではCinemaDisplay20inchを圧倒する。

2系統入力もいいよね
機会があったら、実物を見ておこう。とメモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

MacBookPro 15inch用ハンドル

来週から夏休みに入るべく、ひたすら仕事中です。
秋葉にも行けず、仕方なく秋葉館のサイトを見ていたら、取ってもイイ?ものを発見。

 

MacBookPro 15inch用ハンドル

H1

お間抜けなんだか、実用的なんだかよく分からないけど
インパクトのあるデザイン!

H2_1

取り付け強度はダイジョウブそう。(たぶん)

H3

マシン使用時は、傾斜台になるらしい。

H4

こんな感じ。

まあ、インナーケースやPCバッグにいれて持ち歩くヒトを
軟弱者!と呼びつつ、さっそうとMacBookProを下げて闊歩するのは意外とカッコいいかもしれないが、
満員電車には乗れそうもない

しかし、秋葉館も真面目に

持ち運びをラクするアイテムです。カバン、ケースにしまうのはいいけれど、使うたびに出し入れするのが面倒という人にピッタリのアイテムではないでしょうか


なんて書かずに
取っ手もイイアイテム入荷

くらい書けばいいのに。。(書かない、書かない・・・)

♪あんあんあん、取っ手も大好き、どえら〜いいもん〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

AVCHD 素朴なギモン

別件でSONY VAIOのwebを彷徨っていたら、
VAIOでの「AVCHD規格」対応についてなる案内を見つける。

「VAIO Edit Component Ver.6.0」をバージョンアップすることにより、「Adobe Premiere*」上で、AVCHDの映像にトランジション・エフェクト・タイトル編集などを用いた、高度な編集作業に対応します。


要は、プレミア用のプラグイン出すから、それで編集してねん
ってイミだと思う。
さすが、編集対応!ソニー!と思いながら、フト疑問が・・・。

ソニーのAVCHDカメラは現状、DVDベースのHDR-UX1と、HDDベースのHDR-SR1が発表されている。

キャプチャ作業が要らないのがAVCHDのウリなので、これらはファイルコピーしてプレミアで編集するんだろう。
で、そのプラグインさえ入っていれば

AVCHDで書き戻せるんだよね?

そして、DVDに書き戻せばHDR-UX1で、HDR-SR1のHDDに書き戻せばSR1で、AVCHDとしてHDテレビに再生できるんだよね?

まさか編集後はネイティブに戻せないなんてことは無いよね?

ちゃんと撮影フォーマットなんだよね?AVCHDって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUMDAM MUSEUM撤退

603811_2618315870

以前から告知されていたが、松戸のバンダイミュージアムおよび併設のガンダムミュージアムが8月いっぱいで終了と案内が来ていた。

603811_3711768727

バンダイミュージアムは栃木へ?
ガンダムミュージアム(の一部ってなんだよ)は、静岡へ
それぞれ転進らしい。

603811_3776038234

最後のイベントはこちら。
めぐりあい宇宙篇のフィルムストリップですか
ううむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon D80発表

D80_2

思わせぶりなティーザーの挙げ句(松下といい、カメラはどうして半ば時代遅れ感のあるティーザーが好きなんだろう?)、ニコンからD80が発表された。

ウワサ通りのデザインとスペックで、Mac Proよりも意外性のない登場だが、ボディ実売12万の中堅モデルが1000万画素時代になったんだなあ、と実感。

D70aの後継機とされているが、基本的にはD200のストリップダウンモデルに見える。
バッテリーもD200と同じでD70と互換性ないし。

あ、SDカードなんですねえ。。。。
一眼レフもSD採用の流れになるのか・・・・。

価格性能比は良さそう、というか、ソニーのアルファ以降、
この位のCPが当たり前になってきているなあ。
個人的には1000万画素まではいらないと思ってるけど、それ以外の部分でのブラッシュアップには好感。

キヤノンユーザーのワタシには直接関係ないけど、この流れの中でキヤノンが30Dで勝負し続けるのは難しいはず。
新型KISSなのか、わずか1年で30Dをモデルチェンジするか(もしくは値下げ?)、良い影響を期待☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spyder2 PRO(後編)

Spyder2 PRO(前編)を先にお読み下さい

Img_8960

センサーの固定が終わったら、後はオートキャリブレーションに入ります。

Img_8959

RGB各色を計測する他、黒、白の計測も。
相応に時間がかかります。

Img_8966

だからセンサーユニットは手で固定していると疲れます。
ザクが活躍する所以です。

Img_8969

キャリブレーションソフトが表示するフィニッシュ画面
キャリブレーション前

Img_8970

キャリブレーション後

CinemaDisplayをシステム環境設定でちゃんと調節していれば
あまり大きく変わりません。
劇的な効果(変化)を期待していると、肩すかしかも。
CinemaDisplayが基本優秀というハナシです。
それでも、白、黒の階調は少し伸びているのがわかります。

Img_8971

Spyder 2には製品バリエーションがありますが、 PROバージョンの特徴の一つがマルチモニタ対応ということ。
そしてさらにセカンダリのモニタを別の設定にキャリブレートすることができるので・・・

Colorend

セカンダリモニタを、NTSC、ガンマ2.2に設定すると
Final Cut ProのDigitalDesktopでHDVプレビューが相応のレベルで実現する。
要はこれがやりたかったんですね・・・。DV/DVcamはFireWireからビデオ出力出るのでNTSCモニタリングが可能だけど、HDVはできないから。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spyder2 PRO (前編)

以前から導入を検討していたカラーキャリブレーターを遂に購入
約1ヶ月運用したのでレポートを。

Img_8951

購入したのは COLORVISION社のSpyder 2 PRO

Img_8957

パッケージには、本体とドライバ、簡易説明書。

Img_8973

本体には直づけで、バランサーおもり付きUSBケーブルが付属
大きさはこんな感じ

Img_8974

本体腹部(?)にセンサー

Img_8977

なんかアッザムみたいな感じ?

Img_8958

これをディスプレイに吊して、バランサーおもりを調節して
測光ウインドウと重ねるのだが、結構面倒くさいので・・

Img_8972

ケーブルを挟んで、センサーを固定。
数段、楽です。ザクで遊んでいる訳じゃありません。

Img_8968

こんな感じ

いよいよ、キャリブレーションに入ると・・
後編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

シネマディスプレイ値下げ

04cinemahd23_g5_1


WWDCで発表された新ハードは、Mac Pro新Xserveだけだったが、さりげなくCinema Displayが値下げされている。






   30inch Cinema HD : 299,800円 → 249,800円
   23inch Cinema HD : 149,800円 → 124,800円
   20inch Cinema : 93,800円 → 84,800円

23inch HDあたり、非常にコストパフォーマンスの良い感じ。
そりゃね、較べるとEIZOの高級モデルの方が、優れてますよ、
実際にはね。
でもEIZOのCGシリーズなんて無茶高価だし、CEだってシネマ以下で買うのは難しい(あんまり売ってないし)。

ん〜、現状、うちのシステムは
旧23inch Cinema HD + 旧17inch StudioDisplayのデュアルモニタ環境なんだけど、23inch Cinema のデュアルなんか良いよなあ・・・と物欲がふつふつと。

でも、新旧シネマディスプレイのデュアルはカッコ悪そう(笑)

ところで、アップルのハードウエアインデックスページ。シネマディスプレイのトコ、ちゃんと値段変えとこうよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac Pro

出ました Mac Pro

Dsc_0431

内蔵ドライブベイが、増えたのは素晴らしい
写真(左)みると、モジュールっぽくて脱着が簡単そうに見えるけど、そーなら素晴らしいなあ。
できれば片側2発はホットスワップで、とか。

0456

あとさ、写真見ると(中、右)、前面のポートが増えてるよね
USB2ポート、FireWireも400、800と1ポートずつ?

いくらかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

WWDC 基調講演 3時間前

様々なウワサ飛び交うWWDC2006だが、あと数時間もすれば全ての結果がわかるはず。

順当に考えれば、Leopardをきっちりと訴求するためにも、あまりハードやアプリケーションをフューチャーすることはないはず(事実、これまでもPowerBook G4くらいしかWWDCで発表されたMacintoshはないはずだ)だが、一方、最後に残されたG5がインテルベースに移行し、高らかにフルIntel宣言しないとのどに小骨が刺さったようなラインナップ状態であることも確か。

だからといって、ショートリリーフのようなマシンでお茶を濁して欲しくないなあ。
楽しみに待つことにする。

個人的には、ファンが減ってマザーボードが小さくて済む分、ドライブベイを増やしてくれると嬉しいなあ。
eSATAで脱着できるベイだととパーフェクト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロノグラフ修理

12年以上使っているクロノグラフが不調なので修理に出した。

当時、アナログクオーツで1/100秒クロノグラフをはじめて実現したのがウリの、セイコースピードマスターシリーズ。
24時間計を別設定できるので、海外ロケチームと連絡をとるのに重宝したものだが、いまではそういう仕事自体滅多にない(笑)

12年以上使ったので、そのまま引退させてることもちょっと考えたが、まだ現役でがんばってもらおう。
・・・・いや、ホントは夏のバカンス旅行に持って行く時計が機械式(自動巻)では、きっと外してるうちに止まるぞ・・という危機感ゆえかもしれない・・・

Img_9867

手前が修理あがりの老兵
奥はまだ3年選手にも満たない現役

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BELKIN FireWireHUB

日記でFireWireが足りないと書いたら、なんと、読んだ知人が余ったFireWireHUBをくれるという。

届いたのは、BELKINのFireWireHUB(初期型)

563268_2357223418

そうそう、昔のベルキンは、妙にデザインに凝った製品だった

563268_1978596831

着脱式カバーの奥に、FireWire5ポート。

563268_4138335430

電源のみ繋いだ状態ではオレンジのランプが点灯

563268_2504729215

FireWireが繋がるとグリーンランプが点灯。
順調に稼働中〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

TUMI 26003 レビュー

先日書いた TUMI 26114 日記 にアクセスが非常に多いので、
26114レビューを書く前に、マイファーストTUMIとなった
TUMI 26003のことを書いておく。

知人が別のTUMIに買い換えたため、安価に譲ってもらったものだ

Tumi01

TUMI 26003 (Generation 4)。現行品は、Generation 4.4の26103
マイナーチェンジ。

これ、欲しかったのだが、私のニーズに100%では無かったため
逡巡しているうちに、時間がたってしまっている製品のひとつ
だった。(だって新品は12万円以上するのだ)
でも、1/3以下の譲渡価格に文句なし(^.^)

このシリーズは、ノートPC用ケースが内蔵されているのが特徴
(まあ、セット商品ともいう)

Tumi02

このケースは取っ手とショルダーベルトが付属し、独立して使う
ことができる。もちろんPowerBook G4対応。

PCケースの内側はこのような耐衝撃構造。
側面ポケットにACアダプターや書類がはいるため、出張先では
本体をホテルに置いてこのケースだけで出先へ向かうというのが
狙いというかワタシのニーズだ。

Tumi03

本体はハンドルを引き出してキャリーになる。
PCケースにも差し込みスリットが付いているため、本体の荷物が
多いときは2段構造に。

ハンドルは、上記メーカーサイトで見るとシルバーだが、
これは現行型26103と同じブラックだった。
ただしデザインは26003、TUMIは細かなマイナーチェンジを
施すことが少なくない。生産工場によっても異なるようだ。

Tumi04

サイドポケットの裏に付いた金属プレートが、同社の
トレーサーシステム
ん〜、譲渡された製品の登録書き換えはできるのかな・・?
(ちなみにWebから登録してみたが、約2ヶ月たった現在も
音沙汰がない・・・)

右の写真は、大きさのイメージが分かるように、年末買ったA1Jと
え?分かりにくい? 

Tumi05

では、娘のロディと。
え?これでも分かりにくい?

では、サンダーバード2号でどうでしょう。
ちょうど、コンテナ分の大きさです(おいおい)


関連レビュー: TUMI 26114

--Ads--

ビジネスバッグ人気No.1TUMI[トゥミ]26104"Wheel A Way" Deluxe Brief with Computer insert Bl...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤレス多灯撮影

すっごく久しぶりに、ストロボ用トランスミッターをつけて、
ワイヤレス多灯ストロボ撮影

Cimg1467

思うに、ストロボ撮影関係は、デジタルになって非常に
敷居が低くなった部分だと思う。
なにしろ、その場で確認が出来るので、光の位置や方向、
強さなどの調整が、試行錯誤できるようになって、
長い経験と勘がないワタシのようなスキルでも手間暇かければ、
ワイヤレス多灯を使えるのだから。

Cimg1468

ただ、このトランスミッター、電源が2CR5なんだよね・・
いまや不便だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 X GUNDAM だって

PLAYSTATION 3 版 ガンダム

  

MOBILE SUIT GUNDAM Target in Sight (仮)

  

公式サイト オープン

G7

ヤバイ・・・・・PS3っていくらだっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AVセレクターを買う

ビデオデッキ修理作戦が、中途半端な結果となってしまったため、結線取り回しの条件が複雑になりすぎ、仕方なく(?)セレクターの導入に踏み切る。

エレクターでも、プレデターでもないっす。セレクターです。

Victor JX-S777 すでにメーカー生産が終了してるのにもかかわらず、流通在庫は結構高価い。そこまではねえ、とヤフオクで新品を定価の半額以下で購入。

426272_1771053771

奥行きこそ短いものの、前面サイズは往年の高級VCR並
かってはソニーも民生用のハイエンドセレクターを出していたが、
現在、民生用でハイエンドセレクターをラインナップするのは
ビクターのみ。
(AVアンプも安価だし、高級セレクタは市場が難しいか)

426272_2372972738

ビクターもかってS1000というモンスター級を擁していたが数年前に生産終了。現行機種(D800)はD端子中心になっている。

426272_1349642670

本機(S777)は、入力8系統、出力5系統と豊富な系統に加え
時代のあだ花のように(?)DV端子を3系統もつのが大きな特徴
ディスコンと知って買う気になったのもソコ(笑)

426272_411534693

ただし、この図を見ても分かるように、フルマトリックススイッチャーではない。
2系列の並行ダビングと書いてあったので、てっきり任意のマトリックスが組めると思ったワタシが浅はかでした。

426272_2067732530

往年のソニー機(これはSB-V3000)は、良かったなあ
(CMプロダクション時代に使ってた)

426272_3410243629

で、肝心のDVセレクター機能だが、これは他のAV入出力と完全に独立している(コンバーター機能無し)。
そのため、キャプチャー時に他のダビングも並行作業可能。

426272_2437468321_1

で、HDVではどーよ、というのがテーマ。
おんなじハズだが、絶対ダイジョウブとも言い切れまい。

426272_3407384952  

10分ほどのキャプチャと書き戻ししてみたが、問題なさそう。
よしよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

Adobe IDEAS 土産

Img_9696

Adobe IDEAS 2006 の後半は、ディスコ クラブ タイム。

Img_9701

会場限定非売品 アドビア。

Img_9702

アドビ製品(?)だけに、プレミアつくかなあ・・・?

Img_9703

お土産は、アドビ特製USBメモリ(128M)
近いうちに4000円で発売するらしいが・・売れるのか?
中にはアドビ製品10%オフクーポンPDFが入っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

Adobe IDEAS : APOLLO

Adobe IDEAS 2006

Img_9664

4500円もの有料イベントなのに、定員900人(公称)がいっぱい
すごいなあ

Img_9669

基調講演はバイスプレジデントのジム・ジェラルド氏

Img_9670

いきなりApolloを語りだし

Img_9672

簡易なデモンストレーション
Webアプリでありつつ、スタンドアローン動作するのがキモ。
(オンラインになったときに、データ更新)

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G3 ガンダム 食玩フィギュア

頂き物の食玩(?)
元箱(袋?)は無かったので、なんの食玩かは分からず・・・

Img_9651

RX-78-3 G3 GUNDAM 
の文字が入ってるってことは
富野喜幸氏の小説版に出てくる機体
ですよねえ・・?

(昔、読んだはずだが、まるっきり
覚えていない(笑))










Img_9640_1

Img_9641

Img_9645

Img_9648

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac用ブルーレイドライブ

初物好きのピクセラかと漠然と思っていた初のMacintosh対応ブルーレイ(外付け)は、ロジテックから。

Lbda2fu2wm
    Logitec LBD-A2FU2/WM


   132,000円!





ん〜、最初は高価いとは思ってたけどさ・・・・
でもなあ。。。。

来週発表の MacProにCTOオプションとかありそうでコワイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

Apple Shake 4.1

朝から夕方まで、某所で缶詰講習会。

いやあ、生徒側は久しぶり(^.^)。そっか、一生懸命聞いていても
ご飯の後は眠くなるものなんだね〜(笑)

と言う訳で、夏だ、シェイクだ。
・・・で、Shake 4.1 ユーザーになりました。

Img_9661

4:1:1ってことは、Y以外のピクセルが1/4しかない訳だから
X方向のみ4倍して、同じくX方向のみブラーすることで
DVにおけるクロマキー処理は・・・・

いや、理屈は分かりますが、目の前でやられると・・・(笑)

Shakepic

がんばって覚えます。
・・・・・・・・・まずは英語からっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修理サポート三社三様

今年の4月の話です。

・PowerBook G4
・三菱S-VHSデッキ
・ビクターWデッキ
を、ほぼ同時に修理に出した。

389727_248075765

全機、戻ってきたが、その修理対応は、まさに

三様だった。

顛末をメモとして記しておく。

389727_1936553613

「似たデザインの新型が登場しても、まだまだ現役デス」

PowerBook G4の不具合は、メモリスロットリペアエクステンションプログラム。以前から時々症状が出ていたが、繁忙期で修理に出せなかった。春休みを利用して銀座ジーニアスバーへ。
修理センターには、このPBG4(VRAM増設タイプ)のロジックボードの在庫がないとのこと。なんとかならないかと頼んだら、ショップ修理でロジックボードを確保してくれた。

金曜夕方持ち込み、月曜午後、完了連絡。
対応も問題なし。ただし、なんであそこは修理伝票の作成にああも時間がかかるんだろう???

389727_1400429983

この症状は2年間無償修理の対象なので、当然無償。

389727_4216178856

「まだまだ動作良好。軟弱な最近の機種には負けません」

異音を発していた往年の三菱S-VHS機、結局修理へ。
三菱はビデオデッキの修理は、基本一律料金らしい。
「ヘッドも交換の必要あったら追加発生してもいいからやってください」と頼んでおいたが、伝票を見る限り、走行系のパーツ交換だけ行われた模様。

389727_295399261

「録再諸チェック良好」の手書きが頼もしい修理伝票。
修理代金9500円(税別)
修理は約1週間

389727_990933036

「お手上げデス」

このビクターのDV/S-VHSのダブルデッキは、過去2回も修理して計4万円近く払っている。しかも修理期間が長いのだ。
今回、修理持ち込み3日目に電話

「DVメカ部、交換になるので最低2万5千円かかります」
「そんなにかかるなら、修理すべきか迷いますね」
廃棄処分ご希望の場合は、同意書が必要です

おい、だれがそのまま捨てろと言ったヨ。
自社製品に愛着はないのか???
結局、修理せずに現状のまま、引き取り。
(FireWire出力を持つVHSデッキとして使うことに)

389727_4180066121

素っ気ない修理伝票。
しかも、引き取りに行ったとき窓口のおばさん曰く

お客様のご希望により修理中止ですね」

誰が好きこのんで修理中止するかよ。
ダイジョウブか、ニッパーくん。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

iVIS HV10

Hv7

先日のソニー AVCHDハンディカム実機発表は、なんか魅力のない製品で、
せっかくのAVCHD1号機だっていうのに、萎え萎えだったのだが。

松下が「もうHDV時代は終わりでしょう」と言ったとか言わないとかの中、

キヤノンからコンシューマーHDV登場

新ブランドiVISの1号機 iVIS HV10

あ〜、いいじゃん、いいじゃん。
ソニーのAVCHDなんかより遙かに魅力的です。

このサイズで 光学式手振れ補正 でしょ

1920 CMOSでフルHDで撮影って、記録が1440のHDVで撮像板が1920でも・・と、微妙にずるい気もするが、まあメガピクセル云々とDV時代から各社CCD画素数競争してきたので仕方ないか

でも、キャノンはこういう小型カメラでも、律儀に露出補正ダイヤル装備なんでエライと思う。

がんばれキャノン。
コンシューマー機をなめてるソニーや、HDVをスルーしようとしてる松下なんかに負けちゃダメだよ〜


9/2追記 発売開始 店頭で触ってきた印象を書いています

| | コメント (1) | トラックバック (2)

Final Cut Pro 専用キーボード

Fckey

Macお宝鑑定団を読んで、フォーカルポイントから
Final Cut Pro用キーボード 3.0が出るのを知る

ん〜、昔、旧バージョンを触らせてもらったことあるけど

でかくて、安っぽいんだよね・・・

改善されたかなあ・・・?

キートップにコマンドアイコンが印字されてるのは、たしかに
分かり易い(AVIDの頃は使いやすいと思ったなあ)んだが、
こんなでかいキーボードが置いてあってもナア・・・

しかも、39,800円って、アナタ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

TUMI 26114

アメリカから荷物が届く。

Img_9605
あ〜、関税かかっちゃったか・・

都内仕事モード 及び 日帰り出張用に
買ってみました。

TUMI 26114 (Generation 4.4)






先日のブログは、この前振りでもあったんですね(^_^;

その際も書いたように、TUMIは好きだけど、内外価格差が大きすぎるのが
いかにもブランドイメージ優先でイヤ。

Img_9607

ドル193円換算の内外価格差に反抗して、個人で輸入してみましたが、
レスポンスは鈍いし、3週間以上かかったし、結局、関税もかかって
微妙な結果に。
最終的に関税送料全て入れて、34,800円
日本での定価が、48,300円なので、28%オフ。ん〜・・・。

Img_9610

いろいろ書いたりしたいけど、明日〆切の検証&原稿があるので
また改めて。


TUMI 26114 レビュー開始

関連レビュー TUMI 26003レビュー

よろしければご覧ください

追記:TUMI 26114 リミテッドエディションが発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »