« フィルムスキャナ Nikon LS2000 | トップページ | KissがX »

2006年8月25日 (金)

TUMI 26114 レビュー 3

Tumi_logo_2 TUMI 26114 レビュー 1 の続きです

 レビュー 3(いったん完結)

レビュー2で比較した26003は、Generation 4
26114は、Generation 4.4になります。
TUMIは始終マイナーチェンジを行うらしく、同じ型番でも微妙に仕様が違うらしいのですが(生産工場によって異なるという説もあり)、Generationではもっとはっきりと仕様が変更されます。

細かな(でも気になる)部分を比較。

13

ショルダー金具の変更。
もともとGeneration3から4の時に、強度不足が指摘されていた(らしい)金具が変更になっているが、4→4.4でもさらに変更。

14

フックが一般的な中に折れる形状から、独特のスライド型になっている。外しにくくなってしまったが、妙な力がかかったときに外れたり、服の咬み込み、といった事は無くなった。

Generation4の頃からだが、受け金具(リング)の内側に樹脂パーツが組み込まれていて、金属摩耗による劣化を防ぐ構造。
重いバッグをショルダー使用してるヒトは、金具がそこだけ細っていく(ゆくゆく折れる)経験があるはず。

15

ジッパーも肉厚なものに変更。微妙に大きくなっている。

16_1

ショルダーストラップの肩パッドも変更。
違い(効果)はよく分からなかった。
ストラップ幅がやや広くなっているのが分かる。

17

ストラップ金具も変更されている。
余談だが、このストラップ、900kgの荷重に耐えるとか。
MILスペックというヤツですね。
こーいうオーバースペックに弱いワタシ(笑)

追記:TUMI 26114 リミテッドエディションが発表

関連レビュー TUMI 26003レビュー

他のTUMI製品レビューは、右側のTUMIカテゴリーから御覧頂けます。

|

« フィルムスキャナ Nikon LS2000 | トップページ | KissがX »

鞄/時計」カテゴリの記事

TUMI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TUMI 26114 レビュー 3:

« フィルムスキャナ Nikon LS2000 | トップページ | KissがX »