« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

Apertureライブラリ管理

Ap04

Aperture 1.5の新機能で最も魅力的だったことのひとつにライブラリ管理方法の変更がある。

1.1までのApertureは、データをすべてApertureライブラリに取り込んでしまうため、ライブラリのサイズはどうしても肥大化するし、さらにライブラリはパッケージ化されているうえ1枚ごとにフォルダ分けされているので、オリジナルデータにアクセスしづらいのも辛いところだった。

Aperture 1.5では、プロジェクトへの読み込み時に

・1 Apertureライブラリに保存(これまでと同じ)
・2 ピクチャに保存(任意の場所に変更可能)
・3 現在の場所に保存

を選択できる。
1は、元データがコピーされ、ライブラリに統合される。
2は、元データが移動もしくはコピーされ、ライブラリにはプロジェクトと(そのパッケージ内に)プレビューファイルが、ピクチャフォルダ(もしくは指定場所)にプロジェクトと同じ名前(設定可能)のフォルダが作られ、元データはそちらに保存される。
3は、ライブラリにプロジェクトと(そのパッケージ内に)プレビューファイルのみが作られ、元の場所とのリンクが設定される。

Ap01

 

1の例:1枚ごとのフォルダの中にRAW(Jpeg同時記録の場合はJpegも)が保存される。直接的なハンドリングがしにくい。

Ap02

2,3ではプロジェクトパッケージ内にプレビューのみ生成されるのがわかる

Ap03

2ではピクチャフォルダ(任意指定可能)にオリジナルファイルのみのフォルダが生成される。

これはキャノン純正のCanonCameraWindowで読み込んだものと同じなのでハンドリングしやすい)

ワタシの主要な用途を検証してみた

・A (仕事や作品用)RAW+Jpegで撮影したメモリーの読み込み

・B (家族写真、旅行用)Jpegオンリー写真の読み込み

・C (画像DB用途として)Photoshopデータフォルダの読み込み


これに、上記1〜3のライブラリ管理方法を適用し、必要なストレージ容量を見てみた。(A,Bに3は無いと思われるが、ここではCanonCameraWindowで読み込んだフォルダを3の設定でインポートした場合を検証。


A RAW+Jpegデータ読み込み(CFカード上のサイズ 38.2MB)
 1:47MB(Library)
 2:9.8MB(Library)+ 37.4MB(ピクチャ)=47.2MB
 3:9.9MB(Library)+ 38.2MB(元フォルダ)=48.1MB

B Jpegオンリー写真の読み込み (CFカード上のサイズ 16.5MB)
 1:27.5MB(Library)
 2:11.5MB(Library)+ 16MB(ピクチャ)=27.5MB
 3:11.5MB(Library)+ 16.5MB(元フォルダ)=28MB

C Photoshopフォルダの読み込み(HDD上のサイズ 127MB)
 1:131MB(Library)
 2:4MB(Library)+ 127MB(ピクチャ)=131MB
 3:4MB(Library)+ 127MB(元フォルダ)=131MB


Apertureライブラリはでの一元管理は楽だけど、他のアプリとのシームレスな同時運用には向いていない(例えばキャノンのImageBrowserはフォーカスポイントの表示も可能)ため、Apertureの使用を躊躇うケースも多かったが、2の方法ならいいとこ取りが出来そう。

Ap05


なお、この理由から、マニュアルをきちんと確認していませんので、間違い等があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5の日本語レベル

この続きです  Aperture 1.5

いままで、英語アプリだったのが日本語化して、何が嬉しいって、勘とか思いこみで使っている部分を、正しく理解できること。
特に設定まわり

さっそくユーザーマニュアルを呼び出す

M1

・・・・・ええと、まあ、まだ仕方ないかな。

これは1.0のままかな。

新機能から理解しよう、うん。ヘルプ > 新機能ガイドを開く

M2

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃぶ台をひっくり返そうかと思いました・・・

いいの、待ってるから。。早くしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.1とは違うのだよ、1.1とは

と言う訳で(?)新型Aperture 1.5 登場。

Screensnapz

なんといっても、日本語をしゃべるぞ コイツ
ってのがポイント高しかな。(笑)
ルーペのキーボードショートカットも@になってます。

システム要件 Mac OS X 10.4.8

ああ、アップデートはOS待ちだったのか!

感想(印象)は近日中〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

未知への飛行

マイミク氏より、教えてもらう。
マイ映画ベスト5を挙げろと言われたら確実に入る名画。

未知への飛行 -フェイル・セイフ-
                   DVD発売

正確にはこれまでもDVDは出ていたんです。
15,000円もするセット品の1部として。
さすがに「・・・・・」だったが、今回、期間限定とはいえ単品発売。しかも、映画館料金より安い1,480円

Img_2095

1964年(COLUMBIAのクレジットには1963とある)に制作され、同時期に公開された「博士の異常な愛情」とストーリーがかなりオーバーラップするため、裁判沙汰にもなった(らしい)し、「博士〜」の傑作さに対し、こちらを格下にみる人も居るんだが、
狂気をブラックなコメディに昇華した「博士〜」も忘れられないが、一切のユーモアも奇跡も拒絶して徹底的に研ぎ澄ましていく「未知への飛行」が個人的には好き。

アクションも、派手なカメラワークもなしに、恐ろしい緊張感を演出するあたりは、シドニー・ルメットの白眉だと思う。
未見の人は、騙されたと思って是非。
つまんなかったら責任とってお茶おごります(笑)

未知への飛行 -フェイル・セイフ- DVD 未知への飛行 -フェイル・セイフ-

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture1.5対応

iweb,iphoto,Keynoteはじめ、すべてのiシリーズがアップデートしてます
もちろん内容は、Aperture1.5対応とかかれています

Softup_1

が、Aperture1.5は、まだ来ません(笑)

iMovie HDも、Aperture1.5対応するということは、メディア→写真からApertureのライブラリにアクセスできるということですね。実写真がオフライン(でApertureがプレビューだけ持ってる状態)の場合はどうなるんだろ?

追記 Aperture1.5 来ました。OS待ちだったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーをつくった男たち

知人から、少年マガジンに「仮面ライダーのメイキングみたいな漫画」が載ってて面白かったヨ、と教えられる。

まあ、仮面ライダーも35周年だしと、コンビニへ行った際にチェック(最近はごぶさたなんです > 少年マンガ)

仮面ライダーをつくった男たち /村枝賢一 

あ、ヤバイ。
村枝賢一って、仮面ライダーSPIRITSの作者じゃん

案の定、熱いです。泣けます。
彼の描く仮面ライダーって、思いっきり記憶の美化フィルターがかかっているんですが、にしても、イイです。
初代仮面ライダー制作時、東映の労働争議が激しい時代だったのは映像史としては認識してましたが、仮面ライダーの制作が東映スタジオ外だったこと、事実上のスト破り(当時の労働史観からすればとんでもないこと)だったことまで描かれていて唸ります。

ちなみに冒頭が、ジャイアントロボの最終話試写から始まるというのも泣かせます。

週刊誌だし、読み切り?らしいので、お好きな方は、急ぎコンビニへ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月28日 (木)

アレがない

今日は朝から池袋で臨時講義。
朝、出かけようとして、アレがカバンのポケットに入ってないコトに気が付く。

Img_2089

DVI-D Sub変換コネクタ
DVIの刺さるプロジェクタも増えてはきたが、今日の部屋は確かD-Subだけだったはず。
急いで捜すが、なぜかこーいう時に限って見つからない。
うぎゃ〜。あと10分。

Img_2090

昔、某国立放送局にセミナー講師で行ったとき、忘れていたことに会場で気づき、真っ青になった悪夢が甦る。
(その時は、Sケーブル借りてビデオ出力で乗り切った。でも、あの手段は画が汚いからやりたくない。今日は写真中心だし)

池袋にはビックカメラがあったから、買うか?
いや、講義は10時からだ。開始に間に合わない。そもそも、ビックカメラにアレが売ってるかどうかギモンだ。

だめかっ・・・と思ったときにひらめく。

急いで納戸に向かい、奥にしまってあったG5の箱を引きずり出す。ありました!

Img_2091

標準添付してくれてありがとう > 誰と無く

という訳で、帰宅したいま、このアダプタをG5の箱に戻すか否か、逡巡しているワタシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月11日発売だって

プレステ3のガンダムの話です。

あ〜、これがなければ、あんな高価い「ゲーム機」なんて、しばらくは買わないのに。
でも、やっぱガンダムはキラーコンテンツだよね、とは関係者全てが(?)思ってるらしく、PS3と同時発売になっちゃいました。

公式サイトも更新され、予告編ムービーも見ることができますねえ。

G1

あ、グフがマシンガンもってるし

G2

これってビックトレーでしたっけ?

G3

このアングルがあるってことは、ジオン側にもなれるってことだよね。

PS3も発売前に値下げ(ウオークマンAみたいだ)したし、下位機種のHDMI搭載も決まったし。
・・・・・・・・・・・

だれか、気前の良いサンタさん、いませんかねえ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

Final Cut Pro 5.1.2

そろそろAperture のアップデータ来ないかな〜、と思って、ソフトウエアアップデートをかけたら

Up_1

FCP 5.1.2が来た

Up1
                 (関連項目を切り貼りして1画面にしてます)

HDV 24P対応(30Pはないですね)

XDCAM 35Mbps対応


XDcamの35MbpsってVBRだから、あるイミすごい対応
ってかさ、25MbpsはXD Transferで35Mはデフォルト対応?
ちょっと良くわかんないな・・
35でもXD Transferが要るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3CCDのAVCHD

スタートダッシュから売れているらしい、ソニーのAVCHDだが、もう一方の規格策定社である松下から本命(?)のカードタイプが登場するらしい。

SDメモリーカードにハイビジョン撮影が可能なAVCHD規格方式のデジタルビデオカメラ

  • SDカードの利便性
  • 小型軽量化
  • 3CCD

これらはテープより重いAVCHDでなんだかなあ、のソニー機に対する大きなアドバンテージになると思う。
こんな感じになっちゃいそうだけど。まあ、Life with Hi-Vision なスナップムービーカメラとしては、こういうのもアリかと。

個人的には、AVCHDに懐疑的なのだが(GOPはHDVより大きそうだし)、それらはフォーマットが市場に受け入れられれば、後追いで解決されるものだろうから、なるべくニュートラルでいよう・・。

でもさ、冒頭のBCNランキングの解説で、ソニーのHDR-UX1躍進の理由を

ハイビジョンで撮影した映像を8cmDVDに記録できるのが最大の特徴。現在発売されている家庭用デジタルビデオカメラで、ハイビジョンで撮影した映像をDVDに記録することができるのはこの製品だけだ。他の製品にはない特徴が評価されたようだ。

と書いてるが、もしそれが本当なら(ここの解説はアテにならないので話半分に読むようにしてる)、これに起因するトラブル(クレーム)必至だと思うけどな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

手ブレ補正高倍率ズーム

正式発表されたSD14や、FOVEONコンパクトデジカメが話題のSIGMAだが、個人的に注目は開発発表した

Pphoto_18_200_35_63_dc_os

18-200mm F3.5-6.3 DC OS













キヤノンには高倍率のISズームはないので、ニコンのVR ED 18-200mm F3.5-5.6がちょっと羨ましかった。普通に旅行用にはイイよねえ。
ニコンのはちょっと大きくて重い(そして高価い)けど、シグマのはどーいう仕様で出てくるのか楽しみ。

同社の既存レンズ18-200mm F3.5-6.3 DCに手ブレ補正を組み込んだようだけど、写真を見る限りちょっと大きくなってる印象。

で、プレスリリースに

シグマ独自の手ブレ補正OS搭載


とあるのをみて、思わず
おお、OSまで独自開発するんだ、
と思ったのは内緒(OSはOPTICAL STABILIZERの略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5 日本語プレスリリース

昨夜発表されたAperture 1.5の日本語プレスリリースが出た。


Apertureのライブラリそのものだけでなく、(中略)好きな場所に画像ファイルを保存。高解像度プレビューを生成できる(中略)オリジナルの画像を安全に保存しておき、写真ライブラリ全体の圧縮版をMacBook?またはMacBook Proに入れて持ち歩くことができます。


待望の機能搭載!この悩みも解決か??

iLife ‘06、およびiWork '06とスムーズに連携


この問題も解決されていそう。

そして

無料アップグレードとして英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版で今週より提供


素晴らしい!(たぶん)


日本語アップデータ 出ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5

Aperture 1.5リリース

Aperture2とウワサされていたが、あえて1.5で止めるあたり抑制の利いたナンバー。

Overviewuiandbox20060925

まだ斜めにしか読んでいないけど、iLifeとのシームレスな連携というのは、この件も解決されていると思って良いのかな。

Apertureは本気撮影では必須のワークフローになっているので、しばらく注目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

EOS Utility Ver1.1

Canonからメールが来ていて、EOS Utilityが、バージョンアップしたから落として使ってね、というので、キヤノンサイトへ。

ダウンロードまえに念のため注意事項を読むと

PowerPC搭載のMacOS 10.4.7では次の問題が判明しております。
・EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D30、EOS D60、EOS Kiss Digitalは接続ができません。



・・・・・・・・・・・・・

いや、そりゃ、不具合がでる時もあるよね。ソフトウエアだしね。完璧はありえない。修正との追いかけっこだよね。

でもさあ、PowerPC搭載のMacOS 10.4.7という
特殊とは言えない一般的環境で、中堅機種が接続できない。

そんな状態でリリースするなよ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

Shake : コンカティネーション

コンカティネーション(Concatenation)の訳語は、「連結」でいいんですよねえ?
では、オプチカルフローはどう呼べば良いんでしょう?
> 誰と無く

Shake04

だって、アプリは英語のままだし、サイト(日本語)ではオプチカルフローのままだし。

連結とオプチカルフローって並べると変だよね〜、
どうしよう・・・

ちなみに明日〆切です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縦位置シャッターボタン

昔の一眼レフは、モータードライブをつけると縦位置シャッターボタンが付いていることが多かった。その流れからか、いまのデジタル一眼レフもバッテリーグリップをつけると縦位置シャッターボタンが付いている場合が多い(フラッグシップ系は標準装備が多いか)。

で、今度出るIXY Digital L4の話

L4

アクセサリー感覚を狙った 質感とルックス重視のIXY Lラインも4代目。ところで、このL4って正確にはLの右肩に4。つまり4乗なんだがなんて読むんだろ。
きょんきょん(古い?)風に、エルエルエルエルではないだろ

4_ph01
携帯電話風に片手で縦に持って写真撮影ができるのも特徴らしい
(背面のイージーダイレクトボタンがシャッターになる)
ん?この機能、前から付いてなかったっけ?と調べたら


3_ph01_1
IXY Digital L3にも同様の機能
(ただし、背面のFUNC./SETボタンがシャッターになる)





ん?L3とL4って、同一金型で画素数と回路(DIGICとか)換えたモデルだよね? 

ボタン配置変えたの? と較べると

7_ex_back_off

7_ex_back_off1

      左がL3         右がL4

押すボタンを変えてるんですね・・・細かいな〜

でもさ、だったら上の(L4の)写真。指の位置、違わね?

<p>右サイドのカテゴリーに、<a href="http://mono-log-ue.cocolog-nifty.com/blog/ixypowershot/index.html">IXY/PowerShotカテゴリー</a>を作りました(期間限定かも)</p>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

片肺だけ交換

WビンゴしてしまったSONY製バッテリー。
今朝、PowerBook G4用だけ到着。(同時に申し込んだiBook用はまだだ)交換しました。知人たちよりずいぶん遅い?のは申込タイミングのせい?

Img_1903

月曜の日帰り名古屋出張に間に合ったので良しとしよう〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

HDVの24P

先日、こんなエントリーを書いたらメッセージで「24PA以前に、HDVの24P自体Final Cut Proは未サポートでしょ」と頂いた。

あ〜そうでした。

でも、もしかしたら変わるかも。(と思ってます)

オランダのIBC2006で、アップルが発表したと言われてる(のに、日本はもちろん本国のWEBにもリリースがない)Final Cut Pro 5.1.2って、

XDCAM、P2およびHDVのサポートを強化

ってなってましたよね。

XDcamは18Mbpsと35Mbpsをサポートするという話(じゃあ、SONYのXD Transferはなに?)もさることながら、HDVの強化っていうのが、どうもHDV24Pのサポートくさい・・。
当然キヤノンの24FもOKだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デルカテック

近所で敷地に入り込んでる不審者が居たという情報があり、防犯のため通りから死角になってる小さな裏庭にセンサーライトを取り付けることに。

Img_1892_1

デルカテックって防犯器具のメーカーかと思っていたら、DXアンテナの事業部なのね・・。なるほど。。 

Img_1895

センサーでライト照射のほか、アラートを鳴らすこともできるが、猫なんかで鳴ってもまずいかととりあえずはアラート機能はオフで運用。

セキュリティ関係はどこまでやるべきか迷いますねえ。
心配しだしたら全ての窓に振動センサーつけて警備会社と契約・・になっちゃうし、かといって玄関開けっ放しが普通だった子供の頃のようにはいかないし・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月21日 (木)

TUMIメンバープログラム

TUMIのオフィシャルサイトがリニューアルされ、トゥミ メンバープログラムなるものが始まっていた。

Tumi

メールで案内が来るらしいのと、オンラインで買えるサービスだ。
TUMIもとうとう通販を開始したということか。
ただ、当然ながら全て定価。
せっかく登録させて囲い込むなら、メンバーだけにアウトレット商品とか提供すればいいのに。
ただし、日本のサイトで価格表示が始まったのは良いことだ。
内外価格差についてのエントリー

Img_1897

また、メンバーと言っても「 トレイサー・プログラム」とは連動しておらず、登録状況の確認が出来る訳ではない。なんだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HVR- V1JとHVR-1500

_hvrv1j_

10日前に書いたFX7の業務用モデルが日本で発表。
HVR-V1J

567,500円って、まあZ1Jの値段見れば想像できたものの、それならキヤノンのXH A1の方が良くない?
24P撮影といっても、3:2プルダウンの24Pのみで24PAじゃないしねえ。

ハードディスクユニットも同時発表(こちらは型番変更なし)
HVR-DR60

HVR-DR60の接続方法は予想通りアクセサリーシューだったけど、あんな斜めマウント(写真左)とは思わなかった。

で、製品ページには載ってないけどプレスリリースでは、
HDVレコーダー 『 HVR-1500 』発表(写真右)

DSR-1500A/2のHDV拡張版でHD-SDI入出力に対応なのは待望のHDVスタジオレコーダー登場ともいえる。(でも価格未定のオプションボード必要って・・・)

ローエンド業務用;DVcamのリプレイスとしてHDVが有望なのは確かなので、業務用ベースのHDVが充実していくのは良いことだ。
もっともソニーはAVCHDの業務用展開も視野に入れているのは間違いないところなので、その整合性とロードマップは早く発表して欲しいもの。


 

HDV 24Pについて追加エントリー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

645 Digital

K100とか、デジタル用パンケーキレンズとか、好感の持てる路線でがんばってるペンタックスが、フォトキナで

PENTAX 645 Digital
(仮称)

を参考出品するそうだ。

6451

前回のフォトキナで登場したマミヤZDが、結果的に事実上フェードアウトの方向?に向かう中、中版デジタルカメラに打って出るペンタックスの豪気さに拍手。

従来の645のデジタル化を意図してるんだよね?たぶん。
大きなイメージセンサーと良い光学レンズ系で、
リーズナブルな価格で出せれ
それなりにニーズはあると思うんですが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダルト HD DVD

あまり露骨な書き方はしないつもりですが、その手の話に拒否反応ある方はここで「戻る」ボタンをお押し下さいませ

昨日、ブルーレイディーガがリリースされ、いよいよ開戦間近のBD vs HD DVDですが、
HD DVDのアダルト作品がリリースされてるんですねえ。

//www.glayz.co.jp/hddvd/hddvd.html
(直接リンクしませんので、ご興味のある方はコピー&ペーストで)

その美しい映像美をよりわかりやすく見比べる事ができるように、今回世界で初めて発売するアダルトHDDVDの商品には、HDDVDとDVDの両方のディスクを一枚ずつお入れしました。


ってのもなんだか(笑)なんですが、メディア(円盤)が、SDとHDで違うのは分かるんだけど
撮影と編集がどういう環境なのか
実はものすごく気になります〜。
HDVあたりでお茶を濁してるんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうねえ。
誰か買ったヒトいませんか?(笑)

でもさ〜、大画面液晶(プラズマ)を自室に入れてるお父さんは少数派だと思うので、こんなのどーやって見るんだろ?

|

入れたら消える

CD-RやDVD-Rの破棄といえば、ハサミを入れるとか、刃のついた器具で傷つけるとかが一般的だと思うが、レーザーで記録層を破壊するという製品が出たらしい。

Main_1

       PLEXERASER

確かにハサミにせよ破壊器具にせよ、面倒くさい感はあるので、大量に破棄メディアがでるオフィスでは良さそうかもなのだが・・

廃棄したいメディアをドライブの中に入れると、自動的に消去が始まります。

って怖くない?
オフィスに置いておいたら、ぎゃ〜って声を聞きそうだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

ブルーレイ ディーガ

年末商戦に間に合わせるべく?松下(パナソニック)から
Blu-ray DIGA BW200/BR100がリリース。

Bw200

対するHD DVDの雄 東芝のHD DVDレコーダーが、いかにも初物らしく贅をこらした造りとデザインをもつのに対し、松下の方は単なるDIGA新製品ですと言わんばかりのコンサバデザイン。

もっともディーガの名をもつブルーレイレコーダーは本機が初めてではなく、過去にDIGA DMR-E700BDとしてリリースされていたマシンがあるのでそのせいか?。

Pana05

パナとしてはこのDIGA DMR-E700BD、無かったことにしたいのか ディーガの過去製品を含む全製品一覧にも載っていないし、当時の製品ページを直接叩いても残骸しか残っていない(笑)

今回の2機種は取り立ててどうこういう部分はないスペックだが、価格は298,000円と228,000円とスペシャルなもの。
ブルーレイだから、という言い方も出来るだろうが焦ってブルーレイ保存しなきゃならない番組なんてそうはないし、ブルーレイソフトの再生というならPS3が逆に安く見えてきてしまうぞ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fish Eyeの誘惑

たまたま(?)カメラ売り場をのぞいたらトキナーから
AT-X 107 DX Fish Eyeが出ていた。
Atx107_300

・APS-Cサイズ専用 10-17mmレンズ

10mm時に対角線画角約180°の魚眼レンズ 

・レンズ先端部から
約2.5cmまで被写体に接近できる

すっごく欲しいデス・・・
食玩のパース撮影にぴったり(そこかい!)

このレンズ、実はPENTAX DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5EDと同じモノ。ペンタックスにはOEM供給してるんですね。で、実売はキヤノン用が数千円高いのだが、まあモーター積んでるし仕方ないか

トキナーのサイトに作例写真がないので、ペンタックスのサイトから同レンズを使ったものを(無断)転載

Ex_101
                                       撮影:吉村 和敏氏

欲しいな〜。でも、仕事じゃ使わないからなあ。
コレのおぎくぼさんレビューがダメダメだったら、予算をこっちに回そうかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク対応リモコン Logicool Harmony 882

59096481pjpeg

ネットワーク対応ユニバーサルリモコンってなに?と、ロジクールのリリースを良く読んだら、
イーサネット越しにAV機器をコントロールできるってコトじゃなく、

インターネットを使用することで導入時に必要となる面倒な機器設定を誰にでも行えるよう簡素化


なんだ、要は最初の設定をパソコン(ネットワーク必須)で行うってことか。
・・・・・

   

Logicool Harmony 882

でも、よく考えてみたら、学習型リモコンの最大の欠点は

・最初の設定の面倒くささ
・独自のボタン(見るナビとか)を割り振ったボタンを忘れてしまう

ことだと思うので、
前者の解決へのアプローチとしてはとっても面白そうかも。
(液晶表示がカスタマイズできるなら後者もいけるか?)


リモコンの設定にネット接続PCが必要

という別のイミの大げさ感はあるものの、注目中。


写真インプレッション公開しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

テープ(ビデオ)カメラの未来

今日発売のビデオサロン10月号に、「AVCHDの真実」なる特集がある。

その中で面白かったのが、各メーカーへのアンケート
「テープタイプの(ビデオ)カメラ新製品が無くなるのは何年先?」という問いに対し、

「お客様が判断されることなので分かりません」(松下)と優等生的な回答(無回答?)がある一方で、

「日本では一部のハイビジョン対応モデル(HDV)を除き、来年にも姿を消す可能性がある」(ビクター)
「2008年度にはほぼ100%ディスクになると予測している」(日立)

HDVカメラを立て続けにリリースしたキヤノンすら
「一般コンシューマ向け製品の範囲で考えると2010年代前半あたりでミニDVテープを使うビデオカメラの新製品投入が無くなる可能性がある」(キヤノン)

と、もう最後の数年と踏んでいるようだ。

もちろん、こういう回答は メーカーの都合(思惑)が出るので鵜呑みにしちゃいけないんだが(それを言うなら全ての放送はとっくにワイドになってたハズだし)、メーカーの市場願望が素直に出てて面白いし、ううむと唸ってしまう部分でもある。
なるほどなあ。

ビデオ SALON (サロン) 2006年 10月号 [雑誌] Book ビデオ SALON (サロン) 2006年 10月号 [雑誌]

販売元:玄光社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shake 習うより慣れろ?

インストールしてから1ヶ月半、なかなか勉強しようと思ってると出来ないものですよね〜(言い訳)

で、気が付けばしのごの言ってられなくなってました。

738812_4052119303

いや、基本はわかるんです。でも、ちゃんと使おうと思ったときの敷居の高さはFinal Cut Pro等の比じゃないよなあ、と。
同じく英語のままでとっつきにくい Apertureは、ローカライズも進行中のようだけど、Shakeは「最後まで」英語のままのようだし・・・。

738812_4250013566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

オーダーメイド銀写真プリント

フジフィルム(現在はまだ富士写真フィルムだが)が、デジタル一眼レフカメラの撮影データやリバーサルフィルムなどから、銀写真プリントならではの高品位な作品を作ることができるサービスとする

オーダーメイド銀写真プリント「ARGENTO:アルジェント」

「ナビゲーションプリント」と「本番プリント」で構成され


注文した画像を四切サイズで数種類の濃度・色調などのテストチャートとしてプリントした「ナビゲーションプリント」を基準に、「本番プリント」を注文する際、きめ細やかな指示を出すことができる(要約)らしい。

Ffnr0041_01_1

確かになあ、デジタル一眼レフが大ブームとは言っても、モニタをきちんとキャリブレートしてるユーザーは少数派だし、ましてプリンタとのカラーマッチングまで実現してるユーザーとなると一部のマニアか業務用ユーザーだろう。
プリンタでのカラーキャリブレーションを実現したという コレは、発売延期を繰り返したうえに現在も正式発売日がインフォメーションされていない。

Ffnr0041_02

本番プリントがA4で1890円〜と安くはないが、出力センターを思えば高くもなく、印画紙がグロッシー・クリスタル・ディープマットと選べることや、半切や全紙も可能というのは展覧会プリントなんかにはもってこいかも。

埋め込んだカラープロファイルをどう扱うのか、とか、一般の店頭(取次店)での商品知識への不安とか、まだ分からないことも多いけど、一応期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

半分英語:FCP

Final Cut Proで作業中。
このところHDVづいていたけど、今日はDVcam・・・
・・・取り込めない・・・

オーディオ・ビデオ設定を見ると・・・

Fcp01

なぜか、下半分が英語表示・・

因果関係はよく分からないけど、初期設定ファイルを削除して再起動で正常復帰。
ホントはこういう時、きちんと原因をつきとめるとノウハウと呼べるんだろうけど、なにかというと「初期設定ファイルを削除して・・・」では進歩がないんだけどねえ。
でも、仕事優先なので復旧したので良し。

右側のカテゴリ欄に Matorox MXO カテゴリを作りました。
MXO関連のエントリーが一覧できます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スタートレック40周年パスネット

先週書いた、都営地下鉄限定(なぜ都営地下鉄?)スタートレック40周年パスネット を買ってきました。

Img_1306

土曜日にわざわざ460円もの交通費かけて遠征(だって家の近くに都営地下鉄なんてないんだもん)。ある駅の改札にあった残り4枚をオトナ買い。もちろん、使います〜。

Img_1307

台紙(外側)は、カーク船長とミスタースポック
スポックの指の間にのぞくのはパスネットカード

Img_1308

台紙内側

20g8v100_01_2

Img_1310

カードには、歴代船長勢揃い。
で、カークさん、そのポーズはなに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

ApertureとWeb

金曜日に横浜で撮影。ApertureでざっとOK候補を選ぶ。

Aperture01
  (写真はダミー:今回の仕事とは無関係です)

日本語化されていないとか、撮影素材がパッケージの中に細かく配置されてしまって整理が面倒とか、気になる部分はあるが、膨大な撮影カット(しかもRAW)から候補を選び、比較し、並べ直し、コンタクトシート作る・・なんて作業はおっそろしくスピーディ。
デュアルディスプレイでは最高。

で、さらに選んだ候補をクライアントに見せるWebもほんの数分で作成可能なのは素晴らしい。しかも、デザインや表示データのカスタマイズ機能も充実してるし。

Aperture02

なんだけど・・・・さ・・・
ここで上記の写真にある「Publish to .mac」を選ぶと確かに.macにWebを作ってくれる・・・んだけど、パスワード保護できないよね?

Apertureのクイックツアーでも
「画像への即時アクセスを求めるクライアントが増えています」と言ってるし、これは撮影結果をすかさずクライアントにプレビューするための機能だよね?
なのにパスワード保護できない・・・・・_| ̄|○

iPhoto や iWebでも出来るんですよ > パスワード保護したWebギャラリー。
なのに・・・・・・。
しかたなくJpegでエクスポートして、iPhoto経由iWebでチェック用サイト作ってますが、なんかムダだよね〜。

フォトキナで発表されるらしい新バージョンに期待。


Aperture 1.1 英語版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G7とT90の意外な関係

一昨日、PowerShot G7とDIGIC IIIのエントリーを書いた。
で、昨日、デジカメWatchに速報が載っていたのですが、
その中でなんと

 

同社の銀塩一眼レフカメラ「F-1」や「T90」からサンプリングしたシャッター音を採用。


うわあ、F1にT90とはまた・・・・
T90は大学時代に初めて買った新品の一眼レフです。
  (それまでは中古のA-1)

Img_1304

いまでも大事に「タンス(カメラ棚)の肥やし」状態。。

Img_1305

ちなみにG7の5世代前、G2も持っていたりします。

う〜ん。T90のあの甲高いシャッター音(内蔵モードラと相まって、カシャ、キューンって感じ)は懐かしい・・・
EOS Digitalでもこーゆー遊び、やってくれないかな〜

右サイドのカテゴリーに、 IXY/PowerShotカテゴリーを作りました(期間限定かも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IXY 900ISの価格

昨日、書いたキヤノンの新製品 IXY DIGITAL 900IS

ヨドバシに価格でましたね。
49,800円(予想通り)15%還元(実質42,330-
まあ、こんなトコかな〜
高感度の作例がでて、失望しなければ買っちゃうかも。

ちなみに価格comの最安値は48,300円。
いつものことながら、値崩れ前の新製品は量販店の方が圧倒的に安い。。。。


実写テストしてみました。

右サイドのカテゴリーに、IXY/PowerShotカテゴリーを作りました(期間限定かも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacProメモリ用放熱版

そりゃ確かにMacProの専用メモリは高価と書いたし、秋葉館が純正と同仕様のヒートシンクを採用したメモリ販売を取り上げたりもしたけど、まさか、純正と同仕様のヒートシンク「だけ」販売するとは思わなかった。

MaxSink: HeatSink for Fully Buffered DIMM Memory Module

Maxsink

2枚で約1万円・・・う〜ん、素直に秋葉館で買った方が良くないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

IXY DIGITAL 900IS

昨日、Power Shot G7とDIGIC IIIのエントリーを書きながら、同時に出た他のキヤノンコンパクトデジカメはスルーしちゃったのだが、IXY D 800IS(わずか半年前だ)の後継機 IXY D 900ISが出てる。

900

あまり関心無かったのでスルーしたのだが、よく見たら
広角28mmから立ち上がり
をを、遂にキヤノンも広角ですか。嬉しい!
(でも、ハイエンドのハズのG7は35mmからデス)

妻の使うAYUカメラ(LUMIX FX7)の画(特に高感度域)がイヤなのでリプレイスしたくて仕方ないのだが、FinePix F30を購入直前までいきつつ、36mm〜なのが微妙感を漂わせて買えなかったワタシにはイイかも。
(2画面のポストビューもイイ感じ)

でも、相変わらず低感度での実写サンプルしかあがっていない。

おぎくぼけいさんのレビュー待ち
ですね。(他力本願なワタシ)


ヨドバシで価格でましたね・・

実写テスト 開始しました

右サイドのカテゴリーに、IXY/PowerShotカテゴリーを作りました(期間限定かも)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月14日 (木)

Canon DIGIC III

もうすぐフォトキナ(独)開催なので、カメラメーカー各社から新型のリリースが出始めている。

Canong7

キヤノンから、PowerShot G7
このラインのハイエンドコンパクトは、日本じゃそろそろ厳しいと思うが欧州ではかなり支持があるらしい。
お、背面のコントロールダイヤルは使いやすそうですね〜。
・・・と見ていたら。

Digic3

え? DIGIC III ?


先日、発売開始したばかりの EOS Kiss Digital XはDIGIC II なんだが・・・・・。

DIGIC IIIの紹介を読むと、「高速・高精度」「低ノイズ」と検証待ちな謳い文句と共に、顔を検出してフォーカスと露出を設定するface detection functionと書いてある。


 

え〜!顔キレイナビ(フジフィルム)みたいな機能がDIGICに?
まあ、シーンモードなんかには有効に使えそう。
ノーマル時には自動オフになってるだろうし。

フォトキナじゃ中堅機(5Dや30D)の後継機は出ないだろうと思っていたけど、DIGICが新世代になるのなら、これはもしかしてあり得る?
EOS 7Dとか、40D・・・・。


関連:G7とT90の意外な関係

右サイドのカテゴリーに、IXY/PowerShotカテゴリーを作りました(期間限定かも)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さらばiPod Academic

   

Store1

昨日の発表会でも何も言ってなかったと思うが、学生と教職員にはこれまで(たしか)5%くらい安価にiPodを提供してくれていたアップルストア(for Education)が、

※iPodシリーズは2006年9月13日をもちまして割引対象外となりました。ご了承ください。


まあ、ねえ。本体とかソフトウエアと異なり、学問や研究に使うってのとは違うからねえ・・。
でも突然だな〜。
なお、本国でも同様の扱いになってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple iTV

日本での説明会(上映会)に並んでいるとき、S氏が近づいてきて、「SAIKAさん、Keynote以上のことは我々も知りませんからね」とクギを刺していった(?)今回のサプライズ iTV

Itv01

示された図を素直に読めば、iTuneでダウンロード購入した映画を狭いden(書斎:ああ、うちがそうデス)のMacじゃなくリビングの大画面TVで見るためのデバイスなんだろうが、一方でジョブスのプレゼンをストレートに受け取れば、Front Rowをリビングまで拡張するHUBだと言ってるように思える。

そうすると、少なくともiMovieで作った.movは、iTV経由で再生可能なのか?

Itv02

802.11とだけ発表されたワイヤレス規格。その先が何なのか未発表だし(そもそも確定しているのかも謎だ)、帯域の問題とiTVに搭載されているデコーダーによって、大きく内容は変わるんだけど。

事前にH.264とか特定のフォーマットにエンコードしておかないとダメ、だと、用途としてはひじょうに限定的で、iTuneプレーヤーとしてしかイミがない(この場合は買わないなあ)。

その変換が必要だとしてもMac側がリアルタイムエンコードして送出してくれるなら、Front Rowの未来形として美しい。(2007 1QリリースってLeopardとシンクしてくるってことだよね?)買う。でもあくまで「プレーヤー」だよね。

夢を語れば、Digital Cinema Desktopの表示先にiTVを選択できればパーフェクトなHDプレビュー環境が構築できる。こうなるとプレーヤーじゃなくて、一気に制作支援機器だ。
発売日に並んで買っちゃうな。

Itv03

HDMI以外の映像端子がコンポーネントのみであることから、一部サイトでは普通のTVユーザーは使えないとか、HD専用とか書いてるとこもあるけど、コンポーネントからコンポジット(黄色)やYCセパレート(S端子)へは、ケーブルだけで変換可能なので(実際、このMatrox MXOでもそういう仕組み)、そーいう読みは外れだろう。

Itv04

まあ、すべては、彼の笑みの向こう側にあるんだが。
(でも、前例を破ってまで来期の製品をアナウンスするということは、近々、XX社のPXXがそーいう発表をするというイミ・・・らしい・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

MacPro専用メモリ純正仕様

以前、MacProは本体はリーズナブルだが、メモリが高価い、というエントリーを書いた。その際、まっさきにサードパーティメモリの販売をはじめた秋葉館が、今度は
Apple純正と同じヒートシンクを採用したNanya純正モデル
を謳うメモリを販売開始した。

Macpro

確かに、ワタシが接した何台かのMacProは すべてNanyaのメモリを搭載していたし、放熱版の仕様も写真を観る限り純正品と同じに見える。

AppleStoreで、8GBのメモリを積むと、プラス315,000円。
秋葉館のモノで8GBのメモリを積むと、239,200円と約75,000円浮き、なおかつ512x2の初期搭載メモリが余る計算になる。
(1〜2万で売れるんじゃないかな)

メモリの市場価格が上昇傾向にある中、ひじょうに好感が持てるが、個人的にはこの半分まで下落してくれるといいんだがなあ。
(8GB増設で10万ちょいでしょ、リーズナブルに思えるのは。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型 iPod Shuffle

見た目ではまったく違いが分からない新型iPodや、もうストアに並んでいるらしい新型nanoは、他に任せて、来月発売予定の新型Shuffleを。

Img_1074

デザイン一新。
上面の穴がヘッドホン端子であると同時に、ドックとの接続ポートになる。(ドックにピンがある)
3.5mmステレオヘッドフォンジャックではあるが、充電とデータシンク用の接点を追加している?

Img_1084

実際に見るとホントに小さく、でも、イイ感じの質感

Img_1086

裏面。無粋な型番表示やメーカー名は入っていない。

Img_1088

クリップつき。ケースメーカーは困るだろうなあ。
目にみえるスライドスイッチが、パワーオンオフと、シャッフルのオンオフ。

Img_1091_1

左から

・新型nano(ピンク)
・旧型nano(クロ)
・(手前)新型Shuffle
・新型nano(クロ)

Img_1093_1

リアにすると違いが分かる?
左から
・新型nano(クロ)
・旧型nano(クロ)
・(手前)新型Shuffle
・新型nano(ピンク)


関連:さらばiPod Academic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型iPod

新型iPod & nanoは予想通りだったが、シャッフルは終了するかと思っていただけにちょっと意外。

明日にはファーストインプレッション書けるかな?

Itms_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

iVIS HV10のフォーカスアシスト

HDVは解像度があがってる分、フォーカスがシビアだが、ファインダーや液晶がその分、大型化したり高解像度になってる訳ではない。メーカーもその辺はわかってるようで、撮影時に画面を拡大表示してフォーカス合わせを支援する「フォーカスアシスト(Canon)」「拡大フォーカス(SONY)」機能がほぼ標準装備化しつつある。

Focus
ソニー機(A1J)での拡大フォーカスの例。

A1j_1

A1Jではレンズ筐筒横、専用ボタンなのは良いが、配置は最悪で、テレマクロボタンと並んでいる。
撮影中にフォーカス調整しようとしてボタンを押し間違えると、いきなりズームアップしてマクロに入る。最悪だろ〜。

Hv10_1

iVIS HV10ではボディ後端。押しやすい位置。
・・・なのだが・・・・・・。

店頭で触ってみた限りHV10のフォーカスアシストボタンは、マニュアルフォーカスモードに入っていないと動作しない。
すなわちAF使用時には画面拡大はできない。マニュアルフォーカスとセットで使うためという意図は理解できるものの、これはイヤだなあ。
AFで使っていても、フォーカスが心配なので確認したいってとき、多いじゃないですか。少なくともワタシはA1JのAF撮影時にも時々、拡大フォーカスボタンを押してチェックする。
(A1Jはフォーカスモードと無関係にフルタイムで拡大フォーカス機能が動作する。)

HV10はそうはいかないのだ・・・・ううむ、入門者を混乱させないようにしようとして、失敗してる例だと思うぞ・・・
取扱説明書を見ていないので、もしかしたらフォーカスモードと連動をオフに出来るのなら良しとする

ところで、HC3やUX1,SR1は拡大フォーカスそのものが無い(ように見える)論外だ。

HV10関連
iVIS HV10 最短撮影距離
iVIS HV10 販売開始時に書いた印象
iVIS HV10 リリース時に書いた印象


 

Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック CE Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック

販売元:キヤノン
発売日:2006/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

まもなく開幕:It's Showtime

iTune Music Storeの Musicがなくなる夜ですね

Itms

1ベルがなっています・・・。


 

Itms_1

追記
ようやく見れました。It's Showtime
ホームの真下のディレクトリなんですね(笑)
芸が細かい・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイトメア 3D

ワタシの大事な映画ベストに入るナイトメアー・ビフォア・クリスマスが、なんとデジタル3D映像で公開だそうで

Night2
う〜ん、ワタシ、映画の加工バージョン(カラーのカサブランカや、エージング処理とかいうZなど)はキライなのですが、ストップモーションアニメと3D映像というのは、もしかしたら相性がいいかもと予告編を見て思った。
変に新作カットや編集替えがある訳ではないようだし・・・。









それはさておき、今年「も」期間限定再販されるらしい
DVD コレクターズエディション

2年前にナイトメア10周年記念で限定再販され、慌てて買ったが、それ以来、年中行事となってしまった > 再販

通常版は半額以下の値段で買えるが、ナイトメアに関しては
絶対にコレクターズエディションを買うべき
なぜならば、ナイトメア以上に傑作な短編「フランケンウイニー」が入っているから。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス DVD ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(上記アマゾンのリンクは通常版なので注意:コレクターズエディションはココログからリンク不可でした)

ところで、今年はジャックのフィギュア付きプレミアムボックスも出るらしい


ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション プレミアム・ボックス DVD ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション プレミアム・ボックス

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ん〜・・・・・、ここまでは・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

SONYのフォトプレーヤー

先日、パナのHDTVフォトプレーヤーについて書いた。
と、ソニーからもフォトプレーヤーのプレスリリースが出た
ただし、こちらはHDD内蔵なのでフォトストレージを名乗る。

簡単な操作で内蔵のHDDに保存して、 大画面のハイビジョンテレビで大勢で楽しく鑑賞するのに最適

L11

なるほど、価格はあがるがHDDを使って写真を「ストックする」方向に特徴を出してるのか。これはこれで悪くない。
しかもパナはSDオンリーだったが、こちらはメモリースティックにSD、CFにxDまでスロットを持ち、RAWも対応する充実ぶり。
パナの3倍の価格といえ、この方向性もアリだなあ。

で、出力はD3?D5それともHDMI?・・・・・?

L12
・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・
         ・・・コンポジットとコンポーネント?

・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・出力はSDかいっ!

追記: ご指摘頂きました。コンポーネント端子に Y Pb Pr 表記があるので、HD信号自体は出そうです。 なんでD端子じゃない・・?あ、海外と同じ仕様でいくのか・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴジラなKISS

CanonEOS Kiss Digital X サイトにいくと、トップページにゴジラが映っている。

Kissx_1

Webサイトの他のページにも、カタログをもらってきても、ゴジラは登場しない。
なんで、ここだけ?と思っていたらTVCMに登場していたんですね。このCM、なぜか見たことがなかったので知らなかった。

Kissx1
Kissx2
Kissx3

相変わらずKissのヒット曲を替え歌にしてすごいんだが(笑)
キヤノンの手にかかると、ゴジラまでKissメイクをしても許されるらしい。。。。

(で、ちゃんと子供Kiss達も噴いてるし・・王道のお約束)

| | コメント (0)

訃報:おじゃる丸

おじゃる丸の作者である犬丸りんさんが亡くなったらしい

なにがあったのか、死を選ぶほどの悩みってどういうことなのか、他人のワタシにはなにも言うことは出来ないが、あの まろの悠然とした生き方に密かに憧れていた者として、戸惑い、悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

HDVワイピングクロス

ソニーマーケティングから封筒が届く。

お、こんな日記を書いたから、V1Eのリリースでも送ってきたか(ないない)と開けてみると

Img_1021

ワイピングクロス。
ああ、HVR-A1Jのユーザー登録のときに、アンケートに回答したなあと思い出す。粗品らしい・・・。

Img_1019

SONYとHDV 1080iロゴ入りのワイピングクロスだった。

Img_1024

なんだか微妙なサイズだが、まあ、カメラバッグに突っ込んでおくにはイイか。
にしても、どうせならV1とかDR60のプレスリリースでも同封してくればイイのに > ソニー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

HVR-V1E & DR-60

先日、ソニーの新型HDVであるHDR-FX7について、業務用バージョン(Z1Jの後継機)は出ないだろ〜と書いたのだけど、 コメントで教えて頂いて(感謝です)、調べたら
どうやら出るらしい

Hvrv1e
    HVR-V1E

Hvrdr60

  HVR-DR60

V1E(型番が微妙だ)は、XLRマウント部の処理はZ1JやA1Jよりスマートかな。他の相違点は写真からはよく分からないが、
25Pプログレッシブ記録対応みたいな記述が見える。(ドイツ語はわからん)

DR60は純正のHDDユニットか。
Lバッテリーで駆動するあたり、純正の強みを生かしてるなあ
どういうフォーマットで記録されるかにもよるが、QuickTimeで読めるなら実用度は高そう。

ちなみに、型番末尾のEは欧州仕様につくもので
A1JはA1Eの名で出てるので、日本で出るならV1J?

mono-logue 関連記述
HDR-FX7 速報 
HDR-FX7 第一印象

追記:国内発表されました HVR-V1J

| | コメント (2) | トラックバック (0)

STAR TREK 40周年記念

St_1 40年にも渡って繰り返し放送され続け、いまなお、新作が登場する驚異的な作品と言えば、宇宙大作戦ことスタートレック。

で、40周年記念に六本木ヒルズでオールナイト上映会があるらしい(一部、既に実施済み)

スタートレックって劇場版になるとかえってイマイチな作品も多いので、わざわざ行かないけど、初代劇場版でのエンタープライズ発進シーケンスなんか、映画館の大スクリーンで映えるよなあ
(若宮大通りのヘラルドでみたな)

でもさ、映画館でやるのに

※(1)、(2)、(3)、(4)の4作品はDVDでの上映となります。

ってなんだよ。手エ抜きすぎ。ニュープリントは無理でも、昔のプリントくらい捜せばあるでしょ〜。

それより、来週土曜日に限定発売される
都営地下鉄 スタートレック40周年パスネットが欲しい。

20g8v100_01_1

でも、うちの近くに都営地下鉄の駅なんてないんだよなあ
土曜発売だし。。。週明けまで残って・・ないよな・・
う〜む、やばい???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMac 24inch を触ってみて

今日(もう昨日だが)は、新しい iMac 24inch の発売日だった。
せっかくなのでAppleStoreで触ってみた印象を。

Imac_1

遠目でみた時はあまり大きさを感じないが、近くに寄るとさすがに24インチというサイズは大きい(当たり前だ)。
液晶に視野角も大きく、仕様上は水平178度、垂直178度と、CinemaDisplayと同等を誇るだけのことはある。
解像度が1920 X 1200と、フルHD解像度をサポートしたのは大きい。一見、解像度と言い、視野角と言い、CinemaDisplayの流用と感じやすいが、対角線表示サイズが23インチと24インチと異なることから、違うパネルと考えるのが妥当。

iMacで唯一FireWire800ポートをもつが、その分FireWire400ポートはひとつ。
個人的にはDVビデオ編集時にFireWire400が占有されること、DVカメラ(デッキ)をつないだFireWire400はディージーチェーンしたくないことから、FireWire400が1ポートというのは微妙。
(まあ、FireWire800を分岐すれば良い話なのだが)

iMacでは、この24inchモデルだけがVESAマウントに対応。
昔のiMac G5は全機種VESAマウント対応だったと思うが、Intel iMacになってからは薄くなったせいか、非対応になっていたはずだ。

Final Cut Proが入っていた。ストレスを感じないレスポンス。
Motionも同様だが、デモ機の実装メモリが1GBだったせいか、Motionは再生がコマ落ちの連続だった。

ちなみに24inchモデルの価格は 249,800円。
前述のCinemaDisplay 23inchが 124,800円なので、差額は105,000円。
1.83GHz Intel Core DuoのMacMiniが99,800円であることを勘案するとべらぼうにコストパフォーマンスが良いことが分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

時をかける少女

ずっと気になっていたが、なかなか見ることが出来なかった「劇場版 時をかける少女」をみる。

Poster02

シネセゾン渋谷では来週で終わりだ。(上映館が増えつつあるので大丈夫かと思うが)

見事な直球勝負というか、本当にまっすぐな映画だった。
タイムトラベラー(NHK版)でも、大林宣彦版でもない、
2006年の現代の「時をかける少女」だった。素晴らしい。

作画も美術も丁寧、だけど、それだけで世界観を完結させるほどの
突出した出来ではない。
キャラクターも主人公以外はたいした心理描写もない。
でも、1時間40分のフィルムは間違いなく突出した出来になっている。

物理的にも、心理的にも、主人公の躍動感がひっぱるひっぱる。

これが作れるなら、もうジブリはいらないと思わせる(笑)
実際、監督の細田守氏が「ハウル」の監督を降りた(降ろされた)とき、ジブリの凋落は決定つけられたのだろう。
宮崎駿の劣化コピーしか監督になれないジブリの新しい血脈になれたはずなのだが > 細田ハウル

あ、ちなみに男同士で見に行くのは薦めません
・・・・泣いてしまうので。

予告編(QuickTime)
予告編(FlashVideo)

なぜかQTの色味が変?・・・(まるで劣化したラッシュからのテレシネのようだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

Kiss X 発売日

今日がEOS Kiss Digital Xの発売日だったので某カメラ量販店に寄ってみたら、ひっきりなしに触る客の多さに驚き、触ってみるのを諦めて帰ってきた。
エントリー機のなかではかなり高価な価格設定にキヤノンの強気を感じたが、少なくともスタートダッシュはキヤノンの思惑通りに行くようだ。

カタログをもらってきたが、我々がつい大きく着目してしまうEOSインテグレイテッドクリーニングシステムなる仰々しい名前のゴミ対策はあっさりとした訴求。

  • 小型軽量
  • 高画質
  • 簡単操作
  • 高速高精度
  • 簡単プリント

が訴求ポイント。そうなんだよな、最初にデジ一眼買うユーザーに、CCDゴミ問題を強調してもピンがずれてるんだ。
キヤノンはよく分かっている。分かっていてゴミ対策を初実装してるんだから、あるイミで実機テストを行ってるんだなあ。

そういえばキヤノンのHPでダウンロードできるスクリーンセーバー

Screensnapz2

歴代EOS KISSが次々現れるのは面白いかも
これのキャノン全一眼レフ版あればそうとう面白いのにな・・・

関連:プレスリリースを読んで
   デジタルARENAの写真レビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

HDR-FX7 第一印象

Hdrより小型になったが、液晶モニタやアイリス調整ダイヤルはじめ、操作系のレイアウトはVX2000系に回帰した感がある。

3CMOSって、後継モデルがでないままディスコンになったDCR-PC1000以来。原理的にスミアがでないCMOSを3枚使ったHDVの画は、同じCMOS採用機のA1Jを使ってる身にはひじょうに気になる部分。FX1の後継機として出してくるからには相応の仕上がりになってるはずだ(よね?)。ここは素直に期待したい。

問題はFX1で(A1Jも)1/3inchだったCCD(CMOS)サイズを1/4にしてきたこと。一般的に考えると画質的には厳しいはず。
そのせいか、最低照度は6→8ルックスと後退している。さらに一見12倍→20倍と機能向上した光学ズームだが、1/4サイズのためか32.5mm-390mmから37.4mm-748mmと広角側が大きくスペックダウンしてること。
ソニーも気にしているのか、専用ワイコンはバヨネット式と装着の手間を減らす工夫を見せるが・・

HDMI端子がついたのはHC3で好評だったせいか?これは良いことだけど、Sやコンポジット端子がすべて特殊端子から専用ケーブルで変換するタイプなのはいただけない。
A1Jもそうなんだけど、これ、面倒くさくてしかたない。

業務用バージョン(Z7J?)は出ないとみた。


SONYFANさんにコメントで教えて頂きました(感謝です)

業務用バージョン、出るらしいっす

| | コメント (2) | トラックバック (2)

HDR-FX7だって?

Fx7

ちょっと意表を突かれた。
HDR-FX1にはやくも後継機か・・・。

 

SONY HDR-FX7

3CCDならぬ3CMOS。
一回り小型軽量化と液晶の配置変更でVX2000系のイメージに回帰

詳細は改めて・・・

でもさ、パナのルミックスみたいな型番はヤメテ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型iMacの最廉価モデルって

昨日発表(発売)になった新型iMac。
一番安いモデルで 124,800円ってかなりのプライスダウン!と思っていたが、よくみると

Bluetooth 非搭載 Apple Remote別売り メモリ実装上限2GB

って、

教育市場仕様iMacの一般発売

じゃん・・・・。
教育市場仕様iMacのプレスリリース(06.07.05)

まあ、安いってのは悪いコトではないですが
ワイヤレスMighty Mouseの使えないiMacってどうよ・・。
(さらに光学ドライブのCTOも不可)

ちなみにアカデミックストアでは、最廉価モデルは¥116,064になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G5 フェードアウト

Macpro_hero

Macお宝鑑定団を読んで気づいたのだが、8年目のHello Againの裏で、PowerMac G5 Quadがひっそりと販売を終了していた。

アドビ系がユニバーサル化していない現状で、MacProとしばらく併売するのかと勝手に思っていたが、思ったよりはやく終了だ。
在庫管理はうまくいっているんだなあ。。。
今日、ヨドバシに寄ったときはまだ販売中だったが、今見たら、ヨドバシ.comからは消えているし、秋葉館やPLUS YUでも在庫なしになってる。販売チャンネルではとっくに折り込み済みか。。

iMacは登場から8年たったが、Power Mac G5は世界最速の鳴り物入りで登場してから3年ちょっとで、その歴史を終えた。

同時にClassic環境も終焉した。



G5_uka

Power Mac G5の導入時に、娘と撮った記念写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

8年目のHello Again

Imac

iMacが順当にアップデートした。

ボンダイブルーのトランスルーセントボディが美しい初代iMacが登場したのが1998年の5月(発売は8月・・でしたっけ?)なので、8年たってiMacはこう進化したということか。
ちなみに当時からの名を残すMacは、iMacだけになっていることに時代を感じる。

24inchなんて巨大なモデルが登場してる。23じゃなく24なのは、CinemaDisplayのサイズも次回は変わるのか?
(まあ、解像度は現行23Cinemaと同じ1920*1200ですが)

さりげなくFireWire800が載ってますね > 24inch iMac

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリオ復活

トリオと言ってもてんぷく、とか、ちゃんばら、ではナイ。
ケンウッドが、60周年記念の高級コンポとして昔の社名をブランド名につかうTRIOモデルを出すという話。

Trio

かつて高尚な趣味としてHi-Fiオーディオに凝った団塊の世代を中心に再びオーディオ志向が高まっていることなどから、高級オーディオの市場も活性化の兆しを見せています。


というのは正しいと思うし(プレスリリースには書けないだろうが)日本の階層社会化と経済力の二極化が進み、潜在購入層が拡大してるのも事実だろう。

問題は

トリオってブランドにそこまでの高級イメージがあるか

って事だと思う。

たしかにトリオといえば、オーディオの名門メーカーってイメージは(ワタシなんかには)あるけど、正直、サンスイやアカイ、あるいはLo-D、AUREXという「過去の名門」感があるんだけどなあ。。。

ちなみにこのTRIOモデル、

    

価格は30〜60万円を予定

だそうで・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

楽天へのリンク

以下のリンクから、入って検索下さい

楽天ブックス [160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

iVIS HV10の最短撮影距離

iVIS HV10について 続編

前回
・ワイドマクロ以外の最短撮影距離が長い?
 ワイドマクロは1センチだが、それ以外の画角で近距離に
 ピンがこない。
 手を一杯に伸ばした状態(約60センチ)ではNGだった。

と書いたのだが、その後、調べてもiVIS HV10の(ワイド端以外での)最短撮影距離が出てこないので、気になってキヤノンに問い合わせたところ・・・

最短撮影距離1m テレマクロ機能なし(キャノン)


と回答をもらった。う〜ん微妙・・・

Wide

ワイドマクロなのはイイと思う。引き尻とれない時もあるし。
時にワイド端で1センチまで寄れると

Widemacro

こーいうパースの付いた画が撮れるので、ワタシなんかは嬉しい
でも、ワイド端以外では途端に1m離れなきゃいけないとなると

1000mm

これが1m離れて撮ったもの。
(HV10を持っていないのでA1Jで代用)

800mm

こっちはA1J(HC1同等)の最短撮影距離の80cm。

ふつーにiVIS HV10で赤ん坊を撮ると最短撮影距離を満たさない可能性が結構あるなあ・・・・。

Nottelemacro

HV10にはテレマクロがないので、寄るとこうなるが

Telemacro

A1J(HC1)はテレマクロを持つので、48cmまで寄れる。
花や料理を撮るなど一般的にはテレマクロが実用的だよなあと思う。

iVIS HV10、そそるんだけどなあ。
ちょっと微妙なところが散見されてしまう・・・。


iVIS HV10 フォーカスアシスト機能の問題
iVIS HV10 販売開始時に書いた印象
iVIS HV10 リリース時に書いた印象

 

Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック CE Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック

販売元:キヤノン
発売日:2006/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Radeon X1900出荷開始

MacProのオプションとして用意され、出荷が始まる前に値下げされた
ATI Radeon X1900 XTだが、ようやく搭載モデルが出荷開始したらしい。

1900

写真の大きい方がWin用のX1900、小さい方がMac用のX1900。
ゲーム風イラストが入らなくてホッとしてるユーザーは多いはず。
Win用、ターゲットが基本的にゲームユーザーなのはわかるが、だからといってこういうパッケージングが売れるというのは正直よく分からない。。。

MacProのグラフィックカードオプションとしては、検証機で出逢うたびに圧倒されるNVIDIA Quadro FX 4500があるが、あれはCTO価格でも207,900円もする。

X1900XTは、単体売りで50,400円、CTOなら31,500円と数分の1の価格ながら、MacProでの現実的なパフォーマンスとしてはFX4500に多少劣る程度らしい。
この情報が本当ならX1900がスゴいと言うより、MacOS X上のFX4500のドライバが本来のパフォーマンスを生かせていないってことなんだろう。
どっちにせよX1900XTは現実的な選択肢としてひじょうに魅力的な存在だ。
MotionやFinal Cut Pro でどんなパフォーマンスをみせるか、
試してみたいなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

HDTVフォトプレーヤー

パナからハイビジョンTV専用のフォトプレーヤー DMW-SDP1 という製品がでるらしい。(もうすぐ発売)

パナは自社のHDTV(VIERAシリーズ)やDVDレコーダー(DIGAシリーズ)に積極的にSDスロットを搭載し、テレビの大画面で見るデジカメ写真というスタイルを推進しているが、そのムーブメントを他社製テレビユーザーにも拡大していこうという製品か。

実家に行って両親に写真を見せるときも、PowerBook G4に読み込んでiPhotoなどでスライドショーにするとひじょうに喜ぶことを見ても、写真を大画面(テレビ)で見るというのは確かに手軽なソリューションさえあれば普及しそうに思う。

Image01

D端子(しかもD3以上)専用で、S端子などを一切持たない仕様が潔い。
SD解像度で出して、画素固定テレビでピクセル拡大表示されたら
「な〜に〜、LUMIXって汚にゃ〜でかんわ〜」(うちの実家は名古屋)と言われかねないので、この仕様は正解かと。

(D端子がひとつ占有されちゃうのは痛いな、スルーアウトなんてなさそうだし)

でも、この図ではLUMIXのLX2を例にしてるけど、仕様表をみるとRAW表示には非対応の様子・・・・・。
おじさまユーザーからクレームでなきゃいいけど・・。

実売1万円を切る価格設定(オープン価格)や、それでいながら多機能な再生機能とリモコンをもつのもGood。
個人的にはCFカードスロットが付いていたら、即購入だったな・・。


あ、うち、HDTVないじゃん・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

AVCHDのCM

TVでたまたまSONYのHDR-UX1のコマーシャルを見た。

え・・・・・・・?!

Hdrux1long

ついに、ハイビジョンがDVDに撮れる。 って・・・・?

そりゃ確かにHDR-UX1は、従来のDVD(-RやRW)にハイビジョン(AVCHDをハイビジョンと呼ぶならだが)を記録することはできる。
でも、そのDVDを再生するには HDR-UX1に入れるか、AVCHD再生をサポートしたソフトウエアをいれ、デコードに十分なパワーを持つPCに入れるかしか、現状では方法が無く、ソニー自身が注意書きしているように

一般的なDVDプレーヤー/レコーダーでは、ハイビジョン画質で記録されたAVCHD規格のディスクは再生できません。

この誤解されやすい規格を正しくインフォメーションすることが求められている規格の牽引社(者)自ら、こういうコマーシャルをうつのか・・・

いや、ワタシもCMディレクターだった時代があるので
特徴を端的に、分かり易く、そして一言で、メッセージする という原則はわかるし、このメッセージ、嘘ではない。のだが。

でも、一部のマニアや業界人を除けば

DVDに撮れる けど DVDプレーヤーでは見ることができない

なんてロジック、納得する訳ないじゃん

AVCHDという規格を普及させたいんなら尚更、こういうミスリードを誘う言説を行うべきではないのになあ。。。。

参考:SONYのAVCHD入門ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

iVIS HV10 触ってみて

発表の時に第一印象で絶賛した(笑)キヤノンのHDVカメラ iVIS HV10が発売になった。店頭で触ってきた印象を書いておく。
(撮影していないので画質ではなく操作性の印象のみ)

好印象ポイント
・AF速い
 これがウワサの外測センサーを併用したデュアル測距の威力?
・ボタン配置Good
 露出補正、フォーカスアシストの操作性は HV10 > HC1 > HC3
・マーカー機能Good
 水平マーカーやグリッドマーカー表示は実用的。デジ一眼にもつけてよ

微妙なポイント
・ワイドマクロ以外の最短撮影距離が長い?
 ワイドマクロは1センチだが、それ以外の画角で近距離にピンがこない。
 手を一杯に伸ばした状態(約60センチ)ではNGだった。
・バッテリーチャージャー付属せず
 ソニー同様、ACアダプターのみ。本体充電が標準なんて・・
・マイク端子、ヘッドホン端子なし
 よく見たらついていない・・・・
・ブラック塗装が微妙
 Hdv1
 写真では深い黒かと思ったら、妙な模様つけたざらっとした黒塗装。
さらに、この面の裏側はシルバー、と、妙なツートーンカラー



追記:

最短撮影距離についてメーカーに問い合わせた 結果はこちら



Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック CE Canon ハイビジョンビデオカメラ iVIS HV10 グラナイトブラック

販売元:キヤノン
発売日:2006/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

Wビンゴ!

例のSONY製バッテリーによる
iBook G4とPowerBook G4のバッテリー交換プログラム

うちにある2台のノートMacのうち・・・・
両方ともビンゴ!

Img_0917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »