« HDTVフォトプレーヤー | トップページ | iVIS HV10の最短撮影距離 »

2006年9月 5日 (火)

Radeon X1900出荷開始

MacProのオプションとして用意され、出荷が始まる前に値下げされた
ATI Radeon X1900 XTだが、ようやく搭載モデルが出荷開始したらしい。

1900

写真の大きい方がWin用のX1900、小さい方がMac用のX1900。
ゲーム風イラストが入らなくてホッとしてるユーザーは多いはず。
Win用、ターゲットが基本的にゲームユーザーなのはわかるが、だからといってこういうパッケージングが売れるというのは正直よく分からない。。。

MacProのグラフィックカードオプションとしては、検証機で出逢うたびに圧倒されるNVIDIA Quadro FX 4500があるが、あれはCTO価格でも207,900円もする。

X1900XTは、単体売りで50,400円、CTOなら31,500円と数分の1の価格ながら、MacProでの現実的なパフォーマンスとしてはFX4500に多少劣る程度らしい。
この情報が本当ならX1900がスゴいと言うより、MacOS X上のFX4500のドライバが本来のパフォーマンスを生かせていないってことなんだろう。
どっちにせよX1900XTは現実的な選択肢としてひじょうに魅力的な存在だ。
MotionやFinal Cut Pro でどんなパフォーマンスをみせるか、
試してみたいなあ。。。

|

« HDTVフォトプレーヤー | トップページ | iVIS HV10の最短撮影距離 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映像編集」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Radeon X1900出荷開始:

« HDTVフォトプレーヤー | トップページ | iVIS HV10の最短撮影距離 »