« IXY 900IS:感度のEXIF記録 | トップページ | リモコン対応のデジカメ »

2006年10月15日 (日)

時をかける少女 in スペイン

以前日記に書いた時をかける少女」(2006)が、
SITGES 2006ことカタロニア国際映画祭(スペイン)で、アニメーション部門の最優秀賞を受賞している。

Catalunya01

Best Animated Film
THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME, by Mamoru Hosoda

この映画祭がどういうものなのか、よく知らないし、さらにいえば、賞を取る映画が必ずしも優れている訳ではないが、それでもこの映画が受賞したのは喜ばしい。
ローバジェットになるかどうかはともかく、少なくとも大作の予算規模ではない「時をかける少女」。
こういうきっかけで構わない、アニメファンに話題、から、普通の映画として話題、になって欲しいし、公開後にじわじわと上映館が増えていくという、近年の映画興行には珍しい「作品の力」が興行成績をあげる実例として成功して欲しい。

ワタシの感想は、以前の日記につきる。
あ、思わず主題歌CD買いました(笑)

|

« IXY 900IS:感度のEXIF記録 | トップページ | リモコン対応のデジカメ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>近年の映画興行には珍しい「作品の力」が興行成績をあげる実例として成功して欲しい。

映画興行だけで制作費を回収出来たそうです。

角川の中間・通期最高に、ダ・ヴィンチ・コード効果
http://market.radionikkei.jp/invest/20061026_06.cfm
ちなみに口コミでヒットとなった話題作「時をかける少女」は現在、上映館を全国60館まで拡大、劇場のみで黒字化したという。

投稿: ナイル | 2006年10月29日 (日) 22時44分

ナイルさん
情報、ありがとうございます。

良いことです。DVD等の二次収益や、グッズ等のライセンス商売を否定はしませんが、劇場興業のみでリクープする、それがやはり本来の映画だと思う身には嬉しいニュースでした。

投稿: SAIKA | 2006年10月30日 (月) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女 in スペイン:

» イルマーレ [映画 DVD 気ままなブログ]
リメイクしたファンタジー・ラブストーリー。湖の家 の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方。静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に勤めることになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた�... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 00時12分

« IXY 900IS:感度のEXIF記録 | トップページ | リモコン対応のデジカメ »