« PowerShot G7の価格 | トップページ | iPod Shuffleの発売日? »

2006年10月30日 (月)

時かけ 劇場のみで黒字化

以前書いたエントリーに、ナイルさんからコメントで教えて頂いた日経インベスト情報での、角川ホールディングスの中間期決算。 (ナイルさん、ありがとう)

その中で映画部門は不振としつつ

口コミでヒットとなった話題作「時をかける少女」は現在、上映館を全国60館まで拡大、劇場のみで黒字化


嬉しいニュースだと思う。角川お得意のメディアミックス攻勢による支援も少なく、単館上映から地道に拡大していった映画。
メディアミックスの力や、DVD発売等の二次利用、キャラクターライセンス料によるビジネス、それらが悪いと言うつもりはないが、やはり、作品の力が興業を引っ張る、というのが映画のあるべき姿だろう。

せっかくなので、DVD化の際は、妙な「アニメ価格」じゃなく、「映画DVD」の価格帯で出して欲しいな。
そしたら買っちゃうかも。
ガンダム(ファースト)DVDボックスもそうなんだけど、アニメDVDのぼったくり価格体系は、それが制作時に折り込み済みのビジネスモデルといえ、間違ってると思う。

|

« PowerShot G7の価格 | トップページ | iPod Shuffleの発売日? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時かけ 劇場のみで黒字化:

« PowerShot G7の価格 | トップページ | iPod Shuffleの発売日? »