« BOSE M3の黒 | トップページ | セブンイレブンでiPod »

2006年11月 2日 (木)

MacPro : Motionでの比較

MacProとPower Mac G5比較シリーズ4

シリーズ1:Photoshop 篇
シリーズ2:Final Cut Pro/HDV 篇
シリーズ3:Final Cut Pro/DV 篇

で、4はMotionなんだが、MotionはCPUよりGPUがパフォーマンスを決定するアプリ。

負荷の高い処理はすべてグラフィックスカード上のプロセッサが担当するため、CPUは実際のコンポジットの構築にはほとんど関与しません。

Apple Proトレーニングシリーズ Motion 上級編(Damian Allen著)より
日本ではボーンデジタルより刊行
日本語版はテクニカルチェックと画像作成させていただいてます 

で、うちのG5は青い局地戦用

829780_2788364328
ATI Radeon X850 XT:(VRAM 256MB)

だが、MacProは巨大な

Img_4390
NVIDIA Quadro FX 4500:(VRAM 512MB)

と、グフとビグ・ザムほどの差があるGPUなのでフェアな戦いにならない(もともとフェアな戦争なんてないのさ、というのは置いておいて)。
本当なら同じグラフィックカードを刺して比較すべきなんだが、まあ、そこまでの検証は雑誌でもやれていないようなので、参考値として。

前述の書籍 Motion 上級編に

プロジェクトで複雑なビヘイビアを多数使用する場合、あるいはパーティクルシステムを使用して作業している場合には、プロセッサの速度は大いに重要

と書かれているので、
複数のパーティクルエミッタを使って、リアルタイムプレビュー一巡目(二巡目になるとRAMにバッファされるはず)の再生フレームレートを比較。

MacProは数個のパーティクルでは平然と29〜30FPSで張り付くので、MacProが音を上げるまでパーティクルを多重適用、同条件下でのG5側のFPSをチェックした。

Motion

MacProが26〜29FPSの状態でG5は13〜16FPS。

ううむ、思ったより差がつくなあ。


Motion 上級編―革新的なモーショングラフィックス Motion 上級編―革新的なモーショングラフィックス

著者:Damian Allen
販売元:ボーンデジタル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

追記 あと、差がつくのが「ファンの音」G5では上記作業、ファン全開で大きな音がしますが、MacProではそこそこ、です。

|

« BOSE M3の黒 | トップページ | セブンイレブンでiPod »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映像編集」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacPro : Motionでの比較:

« BOSE M3の黒 | トップページ | セブンイレブンでiPod »