« Wiiの箱の大きさ | トップページ | ギガ Hub 購入 »

2006年12月 4日 (月)

放熱板つきハードディスク

こうしてワタシのところへやってきたG-TechnologyのポータブルHDD

 G-DRIVE-mini を使い始めた

Gtech1

おお、会場で展示されていたシルバーではなく、ブラックだ。
MacBook(借りもの)によく似合う。パンチングメタルの奥にアクセスランプが光る。

Gtech2

天板が折り曲がって側板と脚になり、本体が少し浮くのがデザイン上の大きな特徴。

Gtech3

側板は大きく切り込みが入り、パンチングメタルの本体をみせる。

Gtech4

底面に最大の特徴である放熱フィン。フィンの深さは約3mm

Gtech5

夏に買って以来愛用してる秋葉館のFireWire 400/800 HDD 100GB と較べる。頂いたG-Tech miniはFireWire400/USBだが、FireWire800/400モデルもある。
側板(脚)と放熱版ぶん、G-Tech miniが大きい。

Gtech6

重さは、G-Tech miniが約250g、秋葉館のが約215g

速度を較べると、MacBook内蔵HDD ≧ 秋葉館 ≧ G-Tech mini ≧ PowerBook G4内蔵だった。
ほぼ数ポイントの差なのでドライブの差だろう。
秋葉館のはHGSTTravelstar 5K100だがG-Tech miniのドライブは開けてないので分からない(60GBだった)。
秋葉館のはFireWire800搭載だが、800と400でほとんど差はでなかった。5400rpmの2.5inchATAではそんなものか。
7200rpmモデルだと違うのかな。。。

ちなみに秋葉館のは、5400の100GBで2万円強。
放熱板の安心感はいくらだろう・・・・?
(価格はまだ決まっていないようだ > G-Tech mini)

--Ads--

Mac用 2.5"外付けハードディスク FireWire800対応 100GB 5400rpm【秋葉館オリジナル・FireWire ...

Mac用 2.5"外付けハードディスク FireWire800対応 100GB 7200rpm【秋葉館オリジナル・FireWire ...

|

« Wiiの箱の大きさ | トップページ | ギガ Hub 購入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放熱板つきハードディスク:

« Wiiの箱の大きさ | トップページ | ギガ Hub 購入 »