« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »

2006年7月21日 (金)

軽いのはテープ?HDD?

思ったより早く、ソニーからリリースされたAVCHDハンディカム
HDVでリードした感のあるソニーだけに、AVCHD実機は松下が先行するかと思ったが、8mmの轍を踏まないようにか、民生用HDのイメージリーダーを牽引するためか、積極展開。
円盤(DVD)モデルと、HDDモデルをリリースしてきた。

ところが面白いことに、
HDDモデル SR1は640g
円盤(DVD)モデル UX1は660g と

テープモデル HC3の500gより重い(ついでに大きい)のだ。

しかも、SR1もUX1もMバッテリーなので(HC3はPバッテリー)
使用時重量は更に差が開く。
ワタシの使ってる業務用(とソニーは言う)A1Jだって本体重量は670gなんだから、今回のモデルが決して(民生用として)軽い訳じゃないのが分かる。

これは、円盤ドライブやHDDによるサイズアップ要因なのかなあ、それなら本命はSDカードでやってくる松下だろうなあ
(HDなのにSDというのもなんですが(笑))とか思ったら、
今回、ソニーが同時リリースしたSD(フォーマット)HDDカメラのSR60は、SR1と同じ1.8inch 30GB HDDを搭載しながら、350gと恐ろしく軽量だ。
ちなみにDVモデルの最軽量はHC46の380gなので、SR60は現行のSDモデル最軽量カメラとなる。

ん〜、今回、小型軽量化を阻んだ要因はなんなんだろ?
入学式シーズンを除くと最大の売れ時である、運動会シーズンに間に合わせたいのは分かるとしても。。。。
AVCHDのエンコード基盤がまだ大きいの?
春にはSR3、UX3が登場??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルインターメディエイト

映画にとって色彩設計とカラートーン統一が重要なのは、昔も今も変わらないが、デジタルワークフローにおけるカラーグレーディングの実際を見る機会は少ない。

行ってきましたデジタルインターメディエイトセミナー

イマジカが入れたDiscreet Lustreの実演デモを見ることが出来たのは非常に収穫。
ワタシの実体験は、URSA Goldとda vinciにおけるタイミング(と呼ばれる工程)で止まってるんだが、今回、Lustreをオペレートした齋藤氏は、タイミング出身らしい。うむうむ。

10bit logによるインターメディエイトワークフロー
ううむ、ここまで来てるんだなあ、と実感。

しかし、イマジカのLustreの部屋は、Hokusaiというそうな。
十数年前、フレームの部屋が出来たときは、フラミンゴと名つけてたよね。あの会社。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

充電器を買う

Img_9439

旅行に備えて、A1J用にバッテリーチャージャーを購入
なにしろA1J(ベース機のHC1も)には、バッテリーチャージャーが付属しない
ついているのは

Img_9440

ACアダプターのみ。そう、本体内充電なんですね。
充電中はカメラが使えないし、なにしろ、本体内充電では満充電で40分しかもたない付属のM50バッテリーでさえ150分、M71(同約100分)で260分、M91(同約160分)バッテリーでは実に6時間もかかるのだ。
民生機ならともかく、業務用を名乗るA1JにM50バッテリーやアダプタを同梱するソニーの神経が分からない。
という訳で旅行用にAC-VQ50を購入した。

じゃ、いままでどうしてたかといえば

Img_9441

V900に付属していたL/Mバッテリー共通のチャージャー(写真左上)を使用していたのだが、いかんせん旅行に持って行くには大きすぎだ。

Img_9444

かくして、旅行用にXLRアダプタユニットを外し、ライトモードのA1Jと
Mバッテリー2つ。広角アダプタの部隊が完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月23日 - 2006年7月29日 »