« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006年9月30日 (土)

Apertureライブラリ管理

Ap04

Aperture 1.5の新機能で最も魅力的だったことのひとつにライブラリ管理方法の変更がある。

1.1までのApertureは、データをすべてApertureライブラリに取り込んでしまうため、ライブラリのサイズはどうしても肥大化するし、さらにライブラリはパッケージ化されているうえ1枚ごとにフォルダ分けされているので、オリジナルデータにアクセスしづらいのも辛いところだった。

Aperture 1.5では、プロジェクトへの読み込み時に

・1 Apertureライブラリに保存(これまでと同じ)
・2 ピクチャに保存(任意の場所に変更可能)
・3 現在の場所に保存

を選択できる。
1は、元データがコピーされ、ライブラリに統合される。
2は、元データが移動もしくはコピーされ、ライブラリにはプロジェクトと(そのパッケージ内に)プレビューファイルが、ピクチャフォルダ(もしくは指定場所)にプロジェクトと同じ名前(設定可能)のフォルダが作られ、元データはそちらに保存される。
3は、ライブラリにプロジェクトと(そのパッケージ内に)プレビューファイルのみが作られ、元の場所とのリンクが設定される。

Ap01

 

1の例:1枚ごとのフォルダの中にRAW(Jpeg同時記録の場合はJpegも)が保存される。直接的なハンドリングがしにくい。

Ap02

2,3ではプロジェクトパッケージ内にプレビューのみ生成されるのがわかる

Ap03

2ではピクチャフォルダ(任意指定可能)にオリジナルファイルのみのフォルダが生成される。

これはキャノン純正のCanonCameraWindowで読み込んだものと同じなのでハンドリングしやすい)

ワタシの主要な用途を検証してみた

・A (仕事や作品用)RAW+Jpegで撮影したメモリーの読み込み

・B (家族写真、旅行用)Jpegオンリー写真の読み込み

・C (画像DB用途として)Photoshopデータフォルダの読み込み


これに、上記1〜3のライブラリ管理方法を適用し、必要なストレージ容量を見てみた。(A,Bに3は無いと思われるが、ここではCanonCameraWindowで読み込んだフォルダを3の設定でインポートした場合を検証。


A RAW+Jpegデータ読み込み(CFカード上のサイズ 38.2MB)
 1:47MB(Library)
 2:9.8MB(Library)+ 37.4MB(ピクチャ)=47.2MB
 3:9.9MB(Library)+ 38.2MB(元フォルダ)=48.1MB

B Jpegオンリー写真の読み込み (CFカード上のサイズ 16.5MB)
 1:27.5MB(Library)
 2:11.5MB(Library)+ 16MB(ピクチャ)=27.5MB
 3:11.5MB(Library)+ 16.5MB(元フォルダ)=28MB

C Photoshopフォルダの読み込み(HDD上のサイズ 127MB)
 1:131MB(Library)
 2:4MB(Library)+ 127MB(ピクチャ)=131MB
 3:4MB(Library)+ 127MB(元フォルダ)=131MB


Apertureライブラリはでの一元管理は楽だけど、他のアプリとのシームレスな同時運用には向いていない(例えばキャノンのImageBrowserはフォーカスポイントの表示も可能)ため、Apertureの使用を躊躇うケースも多かったが、2の方法ならいいとこ取りが出来そう。

Ap05


なお、この理由から、マニュアルをきちんと確認していませんので、間違い等があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5の日本語レベル

この続きです  Aperture 1.5

いままで、英語アプリだったのが日本語化して、何が嬉しいって、勘とか思いこみで使っている部分を、正しく理解できること。
特に設定まわり

さっそくユーザーマニュアルを呼び出す

M1

・・・・・ええと、まあ、まだ仕方ないかな。

これは1.0のままかな。

新機能から理解しよう、うん。ヘルプ > 新機能ガイドを開く

M2

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちゃぶ台をひっくり返そうかと思いました・・・

いいの、待ってるから。。早くしてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.1とは違うのだよ、1.1とは

と言う訳で(?)新型Aperture 1.5 登場。

Screensnapz

なんといっても、日本語をしゃべるぞ コイツ
ってのがポイント高しかな。(笑)
ルーペのキーボードショートカットも@になってます。

システム要件 Mac OS X 10.4.8

ああ、アップデートはOS待ちだったのか!

感想(印象)は近日中〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

未知への飛行

マイミク氏より、教えてもらう。
マイ映画ベスト5を挙げろと言われたら確実に入る名画。

未知への飛行 -フェイル・セイフ-
                   DVD発売

正確にはこれまでもDVDは出ていたんです。
15,000円もするセット品の1部として。
さすがに「・・・・・」だったが、今回、期間限定とはいえ単品発売。しかも、映画館料金より安い1,480円

Img_2095

1964年(COLUMBIAのクレジットには1963とある)に制作され、同時期に公開された「博士の異常な愛情」とストーリーがかなりオーバーラップするため、裁判沙汰にもなった(らしい)し、「博士〜」の傑作さに対し、こちらを格下にみる人も居るんだが、
狂気をブラックなコメディに昇華した「博士〜」も忘れられないが、一切のユーモアも奇跡も拒絶して徹底的に研ぎ澄ましていく「未知への飛行」が個人的には好き。

アクションも、派手なカメラワークもなしに、恐ろしい緊張感を演出するあたりは、シドニー・ルメットの白眉だと思う。
未見の人は、騙されたと思って是非。
つまんなかったら責任とってお茶おごります(笑)

未知への飛行 -フェイル・セイフ- DVD 未知への飛行 -フェイル・セイフ-

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture1.5対応

iweb,iphoto,Keynoteはじめ、すべてのiシリーズがアップデートしてます
もちろん内容は、Aperture1.5対応とかかれています

Softup_1

が、Aperture1.5は、まだ来ません(笑)

iMovie HDも、Aperture1.5対応するということは、メディア→写真からApertureのライブラリにアクセスできるということですね。実写真がオフライン(でApertureがプレビューだけ持ってる状態)の場合はどうなるんだろ?

追記 Aperture1.5 来ました。OS待ちだったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーをつくった男たち

知人から、少年マガジンに「仮面ライダーのメイキングみたいな漫画」が載ってて面白かったヨ、と教えられる。

まあ、仮面ライダーも35周年だしと、コンビニへ行った際にチェック(最近はごぶさたなんです > 少年マンガ)

仮面ライダーをつくった男たち /村枝賢一 

あ、ヤバイ。
村枝賢一って、仮面ライダーSPIRITSの作者じゃん

案の定、熱いです。泣けます。
彼の描く仮面ライダーって、思いっきり記憶の美化フィルターがかかっているんですが、にしても、イイです。
初代仮面ライダー制作時、東映の労働争議が激しい時代だったのは映像史としては認識してましたが、仮面ライダーの制作が東映スタジオ外だったこと、事実上のスト破り(当時の労働史観からすればとんでもないこと)だったことまで描かれていて唸ります。

ちなみに冒頭が、ジャイアントロボの最終話試写から始まるというのも泣かせます。

週刊誌だし、読み切り?らしいので、お好きな方は、急ぎコンビニへ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月28日 (木)

アレがない

今日は朝から池袋で臨時講義。
朝、出かけようとして、アレがカバンのポケットに入ってないコトに気が付く。

Img_2089

DVI-D Sub変換コネクタ
DVIの刺さるプロジェクタも増えてはきたが、今日の部屋は確かD-Subだけだったはず。
急いで捜すが、なぜかこーいう時に限って見つからない。
うぎゃ〜。あと10分。

Img_2090

昔、某国立放送局にセミナー講師で行ったとき、忘れていたことに会場で気づき、真っ青になった悪夢が甦る。
(その時は、Sケーブル借りてビデオ出力で乗り切った。でも、あの手段は画が汚いからやりたくない。今日は写真中心だし)

池袋にはビックカメラがあったから、買うか?
いや、講義は10時からだ。開始に間に合わない。そもそも、ビックカメラにアレが売ってるかどうかギモンだ。

だめかっ・・・と思ったときにひらめく。

急いで納戸に向かい、奥にしまってあったG5の箱を引きずり出す。ありました!

Img_2091

標準添付してくれてありがとう > 誰と無く

という訳で、帰宅したいま、このアダプタをG5の箱に戻すか否か、逡巡しているワタシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月11日発売だって

プレステ3のガンダムの話です。

あ〜、これがなければ、あんな高価い「ゲーム機」なんて、しばらくは買わないのに。
でも、やっぱガンダムはキラーコンテンツだよね、とは関係者全てが(?)思ってるらしく、PS3と同時発売になっちゃいました。

公式サイトも更新され、予告編ムービーも見ることができますねえ。

G1

あ、グフがマシンガンもってるし

G2

これってビックトレーでしたっけ?

G3

このアングルがあるってことは、ジオン側にもなれるってことだよね。

PS3も発売前に値下げ(ウオークマンAみたいだ)したし、下位機種のHDMI搭載も決まったし。
・・・・・・・・・・・

だれか、気前の良いサンタさん、いませんかねえ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

Final Cut Pro 5.1.2

そろそろAperture のアップデータ来ないかな〜、と思って、ソフトウエアアップデートをかけたら

Up_1

FCP 5.1.2が来た

Up1
                 (関連項目を切り貼りして1画面にしてます)

HDV 24P対応(30Pはないですね)

XDCAM 35Mbps対応


XDcamの35MbpsってVBRだから、あるイミすごい対応
ってかさ、25MbpsはXD Transferで35Mはデフォルト対応?
ちょっと良くわかんないな・・
35でもXD Transferが要るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3CCDのAVCHD

スタートダッシュから売れているらしい、ソニーのAVCHDだが、もう一方の規格策定社である松下から本命(?)のカードタイプが登場するらしい。

SDメモリーカードにハイビジョン撮影が可能なAVCHD規格方式のデジタルビデオカメラ

  • SDカードの利便性
  • 小型軽量化
  • 3CCD

これらはテープより重いAVCHDでなんだかなあ、のソニー機に対する大きなアドバンテージになると思う。
こんな感じになっちゃいそうだけど。まあ、Life with Hi-Vision なスナップムービーカメラとしては、こういうのもアリかと。

個人的には、AVCHDに懐疑的なのだが(GOPはHDVより大きそうだし)、それらはフォーマットが市場に受け入れられれば、後追いで解決されるものだろうから、なるべくニュートラルでいよう・・。

でもさ、冒頭のBCNランキングの解説で、ソニーのHDR-UX1躍進の理由を

ハイビジョンで撮影した映像を8cmDVDに記録できるのが最大の特徴。現在発売されている家庭用デジタルビデオカメラで、ハイビジョンで撮影した映像をDVDに記録することができるのはこの製品だけだ。他の製品にはない特徴が評価されたようだ。

と書いてるが、もしそれが本当なら(ここの解説はアテにならないので話半分に読むようにしてる)、これに起因するトラブル(クレーム)必至だと思うけどな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

手ブレ補正高倍率ズーム

正式発表されたSD14や、FOVEONコンパクトデジカメが話題のSIGMAだが、個人的に注目は開発発表した

Pphoto_18_200_35_63_dc_os

18-200mm F3.5-6.3 DC OS













キヤノンには高倍率のISズームはないので、ニコンのVR ED 18-200mm F3.5-5.6がちょっと羨ましかった。普通に旅行用にはイイよねえ。
ニコンのはちょっと大きくて重い(そして高価い)けど、シグマのはどーいう仕様で出てくるのか楽しみ。

同社の既存レンズ18-200mm F3.5-6.3 DCに手ブレ補正を組み込んだようだけど、写真を見る限りちょっと大きくなってる印象。

で、プレスリリースに

シグマ独自の手ブレ補正OS搭載


とあるのをみて、思わず
おお、OSまで独自開発するんだ、
と思ったのは内緒(OSはOPTICAL STABILIZERの略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5 日本語プレスリリース

昨夜発表されたAperture 1.5の日本語プレスリリースが出た。


Apertureのライブラリそのものだけでなく、(中略)好きな場所に画像ファイルを保存。高解像度プレビューを生成できる(中略)オリジナルの画像を安全に保存しておき、写真ライブラリ全体の圧縮版をMacBook?またはMacBook Proに入れて持ち歩くことができます。


待望の機能搭載!この悩みも解決か??

iLife ‘06、およびiWork '06とスムーズに連携


この問題も解決されていそう。

そして

無料アップグレードとして英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版で今週より提供


素晴らしい!(たぶん)


日本語アップデータ 出ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aperture 1.5

Aperture 1.5リリース

Aperture2とウワサされていたが、あえて1.5で止めるあたり抑制の利いたナンバー。

Overviewuiandbox20060925

まだ斜めにしか読んでいないけど、iLifeとのシームレスな連携というのは、この件も解決されていると思って良いのかな。

Apertureは本気撮影では必須のワークフローになっているので、しばらく注目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

EOS Utility Ver1.1

Canonからメールが来ていて、EOS Utilityが、バージョンアップしたから落として使ってね、というので、キヤノンサイトへ。

ダウンロードまえに念のため注意事項を読むと

PowerPC搭載のMacOS 10.4.7では次の問題が判明しております。
・EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D30、EOS D60、EOS Kiss Digitalは接続ができません。



・・・・・・・・・・・・・

いや、そりゃ、不具合がでる時もあるよね。ソフトウエアだしね。完璧はありえない。修正との追いかけっこだよね。

でもさあ、PowerPC搭載のMacOS 10.4.7という
特殊とは言えない一般的環境で、中堅機種が接続できない。

そんな状態でリリースするなよ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

Shake : コンカティネーション

コンカティネーション(Concatenation)の訳語は、「連結」でいいんですよねえ?
では、オプチカルフローはどう呼べば良いんでしょう?
> 誰と無く

Shake04

だって、アプリは英語のままだし、サイト(日本語)ではオプチカルフローのままだし。

連結とオプチカルフローって並べると変だよね〜、
どうしよう・・・

ちなみに明日〆切です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縦位置シャッターボタン

昔の一眼レフは、モータードライブをつけると縦位置シャッターボタンが付いていることが多かった。その流れからか、いまのデジタル一眼レフもバッテリーグリップをつけると縦位置シャッターボタンが付いている場合が多い(フラッグシップ系は標準装備が多いか)。

で、今度出るIXY Digital L4の話

L4

アクセサリー感覚を狙った 質感とルックス重視のIXY Lラインも4代目。ところで、このL4って正確にはLの右肩に4。つまり4乗なんだがなんて読むんだろ。
きょんきょん(古い?)風に、エルエルエルエルではないだろ

4_ph01
携帯電話風に片手で縦に持って写真撮影ができるのも特徴らしい
(背面のイージーダイレクトボタンがシャッターになる)
ん?この機能、前から付いてなかったっけ?と調べたら


3_ph01_1
IXY Digital L3にも同様の機能
(ただし、背面のFUNC./SETボタンがシャッターになる)





ん?L3とL4って、同一金型で画素数と回路(DIGICとか)換えたモデルだよね? 

ボタン配置変えたの? と較べると

7_ex_back_off

7_ex_back_off1

      左がL3         右がL4

押すボタンを変えてるんですね・・・細かいな〜

でもさ、だったら上の(L4の)写真。指の位置、違わね?

<p>右サイドのカテゴリーに、<a href="http://mono-log-ue.cocolog-nifty.com/blog/ixypowershot/index.html">IXY/PowerShotカテゴリー</a>を作りました(期間限定かも)</p>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »