« (今更ですが)BootCampは便利 | トップページ | VistaとEOS-1 »

2007年2月28日 (水)

久々にMac雑誌書きました

ビデオ誌だとMac系ライターに分類されてるのに、Mac雑誌には滅多に書いていないワタシ。1年ぶりくらいにMac雑誌に書いたかも。

今日発売の MacPeople 4月号(アスキー)

特集2 DVカメラでかんたんビデオ撮影&DVD作成

ビデオ撮影の基本編とちょっとしたコツ編を書いてます。

Mpeople

ちなみに今月のMacPeople、相変わらず、マイミクさんがいっぱい書いてますね〜。見開きページでマイミクさん同士が並んでいたのには笑った。さすがです。

--Ads--

Mac People (マックピープル) 2007年 04月号 [雑誌] Book Mac People (マックピープル) 2007年 04月号 [雑誌]

販売元:アスキー
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« (今更ですが)BootCampは便利 | トップページ | VistaとEOS-1 »

ビデオカメラ」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

雑誌、拝見しました。
しかし、曖昧で誤解を生みやすい表現が多いのが気になりました。
ビデオカメラを「DV」でひとくくりにしたり、ビクターGZ-HD7をHDV規格と称したり、DVストリームを非圧縮と記したり。
特に、ビデオカメラを「DV」でひとくくりにすることについては、斎賀さん自らが2/1のブログで気にしておられたはずなのに。
その手の専門家であるからこそ、正しい表記をしてほしいと思います。

投稿: 二人羽織 | 2007年3月 5日 (月) 21時07分

いやいや耳の痛いご指摘、ごもっともです。
DVを「Digital Video」の総称とすることには、いまでも抵抗がありますし、原稿依頼があった際の打合せで、その旨を伝え、使う用語を定義して欲しいと言ったところ、現状の一般的な認識として、DV=デジタルビデオとして使う、となりました。
2/1エントリーで書いたように、専門マスコミでも、その傾向があり、編集判断に準拠した形です。言い訳めきますが。

さらに、ビクターGZ-HD7をHDV規格と称したり、DVストリームを非圧縮と記したりの部分は、私が書いていないページです。
上記エントリーで書いたように、私の担当は
撮影の基本(P64,65)撮影テク(P66,67)です。
ご指摘のページはもう一人の方が書かれたと思います。自分のページ以外は校正も見れませんので、見本誌を読んで唸ったのも本当。
ただし、読者の方にそんな内幕は関係ない話ですので、特集執筆者に名前が入っている以上、ご批判は甘んじてお受けしたく思います。
ありがとうございました。

投稿: SAIKA | 2007年3月 5日 (月) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々にMac雑誌書きました:

« (今更ですが)BootCampは便利 | トップページ | VistaとEOS-1 »